2165馬力、最高時速376kmのR35 GT-R…果たしてどんなチューニングがされているのか?

様々な挑戦に使用される「カスタムベースGT-R」

北米テキサス州のチューナー「T1 Race Development」は日本車のカスタマイズを得意としています。なんと、R35 GT-Rで2,000馬力オーバーのマシンを作りあげてしまったそう。1/4マイル(約400m)を7.38秒で駆け抜け、ハーフマイルレースでの最高速は235マイル(376km/h)を誇るという、モンスター仕様に仕上げています。しかも驚くことに、「普段使いもできる」んだとか。
※画像はイメージ

同社はシボレーコルベットの1,000馬力仕様を製作したそうなのですが、2WDかつFR駆動のコルベットでは十分なトラクションを得る事ができず、非常に扱いにくいマシンになってしまったとか。しかしGT-RにいたってはAWDシステムと優れたトランスミッションにより、1500馬力を超えるチューニングをしたモデルでも十分街乗りが出来ると評価されています。

ともかくこの強烈なGT-Rは、「テキサス•ゴジラ」なんてなかなか洒落の利いた愛称を貰っているようです。

GT-R「テキサス・ゴジラ」チューニング内容は…?

「T1 Race Development」のコメントによれば、エンジンブロックはノーマルを使用。アルミロッド、ピストン、ヘッドはカスタムパーツを使用し、エキマニはAMS製のカーボン仕様、そしてタービンはForced Performance製の80mmタービンで武装。ほかにもECU、クラッチ、冷却系などなど、相当手が入っているのは間違いありませんが、エンジンブロックはノーマルを使っている、というのもかつてのRB26DETTがチューニングの耐性が高かったように、VR38DETTもかなりのチューニングレベルに耐えられるパワーユニットである証でもあります。

多くのチューナーがR35 GT-Rをベースに使うというのは、このようにチューニングに耐え得るパワーユニットと、過剰なパワーでも路面にトラクションを伝えられるAWD&トランスミッションのキャパシティの高さ、という事ですね。

次ページハイパワーでもしっかりトラクションを伝える「GT-Rの設計思想」

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事