高い次元でまとまった渾身の一台 アウディ A3

アウディらしい計算された、上品な佇まいのA3

A3

全体的にはシャープな印象ですが、フロントマスクに目をやると少し丸みを帯びており、カッコよさと良い意味での可愛さが共存しているようなデザインです。本当に見る角度によって様々な表情を見せてくれるデザインとなっています。アウディと言えば大きなフロントグリルにシンボルマーク。この点はしっかりと継承しています。

また、そのフロントグリルの両脇の切れ味のあるヘッドライトからボディに流れるラインが非常に美しく、この伸びやかで流れるようなデザインが「アウディ A3」の特徴とも言えるでしょう。

高級感とスポーティが共存 アウディ A3の内装

A3
A3
A3

ドアを開けて運転席に乗り込んでみると、今すぐにでも走り出したいという欲求がふつふつと沸いてきます。ステアリング中央にはアウディの象徴の四ツ輪がキラリ。その脇には走る楽しみを提供してくれるパドルシフト。

機能的に配置されたコントロールボタン類。シックで高級感もあり、スポーティ。大変すっきりとまとまった、グッドデザインだと言えます。

アウディ A3のしなやかな走り

A3

肝心の走りに関してはどうでしょうか?軽快な乗り心地で、路面状況をしなやかにやり過ごしてくれる足回り。その足回りも相まって、ハンドリングはストレスなくコントロール出来ます。「アウディ A3」にはクワトロという4WDとFF駆動の2種類がラインナップされています。

クワトロが1,8リッター、直列4気筒で最高出力は180馬力。燃費はJC08モードでリッター14,8km、FF駆動が1,4リッター、直列4気筒で最高出力は140馬力。燃費は同じくJC08モードでリッター20,0kmを誇ります。

アウディと言えば「クワトロ」と思いがちですが、直進走行時の安定感から前輪駆動をチョイスする方も多いです。クワトロかFFか。嬉しい悩みの種となりそうです。

日本の道路事情にマッチした扱いやすさと安心の安全性

この「アウディ A3」というクルマはサイズ感が素晴らしく大変扱いやすいクルマに仕上がっています。

立体駐車場や日本の狭い道路やコインパーキングでも全く問題なく扱う事が出来ます。また、IIHS(米国安全保険協会)が行ったテストで、「Top Safety Pick+」という最高点を獲得し、大変高い評価を受けています。

やはり車というのは安全である事が第一。その点を十分に理解した上で作られているクルマであるという事を実感出来ます。


セダンより一回り小さなサイズの「アウディ A3」。そのサイズによって日本のユーザーはどれほど助かるでしょうか?コンパクトでありながら十分な居住スペースもあり、実用性も高い日々の使用でも活躍し、ロングドライブでもノンストレス。大変高い次元で完成しているクオリティの高いクルマだと言えます。

アウディのベスト小型セダンはどっちだ?A4とA3を徹底比較

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事