運転が下手なドライバーの共通点とは?

イマドキのヘタはイノシシタイプか!?

ドライブ

ルーズなドライバーに共通するのが、気の向くままに運転していることではないでしょうか。この手のドライバーは周囲のことに注意が回っておらず、前へ出ようとやたら車線変更をしたり、ウインカーも付けないで車線を変更することが多いです。

結局、急いでいるわりには赤信号で追い越した車に追いつかれることもありがちで、ちょっとぐらい速く走っても、到着時間は変わらないことに気づいてない。これでは「下手だなぁ」と思われても仕方ないですね。

運転姿勢が悪いのは下手!?

ドライブ

ルーズな運転になりがちなのは、ドライビングポジションにも起因しています。

よく見るのは、背もたれを倒しすぎている状態。バックミラーを確認するときに、リビングで寝そべってるかのように体が斜めを向いて、片手はハンドルの12時に乗せているだけ、というドライバーを見たことはありませんか?

このようなくつろいだドライビングポジションは、緊急時の回避が遅れる要因になります。また、運悪く事故にあった場合、シートベルトやエアバッグが作動しないという二次災害の原因になることもあります。

正しいドライビングポジションは、車両を運行する上でも安全であり、上手い運転に繋がります。

確認を怠るドライバーは下手!?

ドライブ

他にもルーズなドライバーの特徴として挙げられるのは、自転車や歩行者の確認が十分でないケース。

たとえば、裏通りから出るときや、車両が歩道などを通過しなければならないときに、ドライバーが確認を怠ったため、歩行者側が道を譲っているシーンをよく見かけます。

運転中、歩行者から道を譲られ、申し訳ないという気持ちにかられた方も多いのではないでしょうか?ルーズなドライバーというのは、 まさに“ 急 “の付く動作が多いようです。

急発進、急ブレーキ、急ハンドル等は、クルマの挙動が破綻する要因になりますし、その影響で横滑りを起こしたり、物や人に衝突したりすると、他車に対しても迷惑ですね。

次ページ上手い、下手はやはり実績に現れる…?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives