最高出力380馬力…ロータリーエンジンを搭載したカプチーノの実力とは?

13Bロータリーエンジンを搭載したカプチーノ

※写真はカプチーノのイメージ

海外では結構行われているエンジンスワップ。海外ではいろんな意味でブッ飛んだエンジンスワップを動画サイトなどで見ることができますが、日本にもタイトルの通りのかなりキテるエンジンスワップ車がありました。

今回ご紹介するのは、軽自動車であるスズキ「カプチーノ」にマツダが誇るロータリーエンジンを搭載したというもの。本来搭載されている660ccのターボエンジンをマツダRX-7(FC3S)に搭載されている2ローターの13B-T型エンジンに換装し、380馬力を発生するそうです。

もちろん、元の13B-Tエンジンはそんなにハイパワーではありませんが、ハイフロータービンに変更、サード800ccインジェクター、アペックス製パワーFC制御などによって、ブースト1.25kg時には380馬力というハイパワーを実現しています。

普通車として再登録され、カスタマイズ箇所も多数

さて、このカプチーノについて、スペック等をもっと詳しく見てみたいと思います。この車両、元々の製作は「Art Engine Racing Development」さんというショップさんが数年前に手掛け、その後は元オーナーから他の方へ売却されたようですが、現在も元気に走っているようです。以下、仕様やカスタマイズ内容をご紹介します。なお、内容は上記売却の際に車両を扱った「イオタガレージ」さんのサイトを基に記載させていただいています。

2012年にはオールペイントにより新車のようになった、このカプチーノ。エクステリアでは、オーバーフェンダーやGTウイング、オーバーサイズのSタイヤなどが目につきます。車体重量は870kgとベース車両よりは重くなっているものの、380馬力という事を考えると、パワーウェイトレシオは、約2.3kg/psというスーパーカーにも負けない数値です。当然、エンジン換装に伴い軽自動車規格には適合しなくなりますので、2011年12月に普通車として新規登録となっています。

インテリアでは、ロールケージやFC3S用タコメーター、フルバケットシートなどが取り付けられ、かなりスパルタンな雰囲気。画像でスイッチ類はそのままあるものの、エアコン機能も無しだそうです。エンジンルームは、軽自動車としては普通車並に広いと言われるカプチーノでもさすがにぎっちぎちにエンジンや補機類が詰まっています。

次ページこのカプチーノの走りはいかに!?

この記事をシェアする

最新記事