AT車の「クリープ現象」はなぜ起きるのか?そのメリット・デメリット

クリープ現象のメリット

ブレーキを離してしまえば勝手に動きだすクリープ現象ですが、メリットもあります。

言い換えればブレーキペダルの踏み込みのみで駆動力の断続をスムーズに調整できる為、渋滞時や車庫入れ時など、低速で走行する場面において有効活用が可能です。

併せて、ブレーキを離した時から駆動力が徐々に伝わる為、滑らかな発進ができ、坂道発進などでは常にトルクがかかっている為に、急激な坂等でなければブレーキからアクセルへの踏み替え時に車両が後退しにくいと言ったメリットがあります。

クリープ現象のデメリット

運転者が意識しないうちに動き出す場合があるので事故を起こしやすいことでしょう。エンジン始動直後やエアコン作動時など、アイドリングが高い状態では通常のクリープ時より勢いが強く、飛び出し事故に発展する可能性があるなどと言ったデメリットがあります。

しかし、デメリットに関しては運転する際に意識すれば防げる場合が多いのも事実。

筆者もAT車を運転中信号待ちでウトウトしてブレーキが緩み、結果車が前に進んでもう少しで追突事故を起こすところでブレーキを踏んでヒヤっとした経験があります。慣れると便利なクリープ現象ですが、運転の際など油断は禁物ですね。

この記事をシェアする

関連する記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives