ブレーキタッチを向上させる!? マスターシリンダーストッパの効果とは?

マスターシリンダーを固定する部品

detail_brake cylinder

マスターシリンダーは、ブレーキの踏み込みと共に、前に向かって押し出されます。バルクヘッドに固定されていますが、バルクヘッドも一緒に前に向かって歪むことがあり、これが、ブレーキタッチを悪化させる要因です。

そこで、ストラット取り付け部分などにマスターシリンダーを運転席とは反対側から挟み込むように固定する製品がマスターシリンダーストッパ。踏み込む方向とは逆方向から押さえつけますので、当然ですがカチッとしたブレーキタッチになり、ブレーキを踏み込んだ時の感触をよりつかみやすくなります。

一般的に公道を走る上で必要な部品ではありません。その為、多くの場合サーキット走行も見据えられたようなスポーツモデル向けに、サードパーティ製品としてリリースされているモノがほとんです。

非常に簡単な部品のため、ある程度強度のあるステーなどを使えば、自作することも不可能ではありません。製品によってはタワーバーにマスターシリンダーストッパの機能を備えたものもあります。

市販車に付いていない理由とは?

当然ですがデメリットがあります。マスターシリンダーストッパを付けることで、バルクヘッドとストッパの間にマスターシリンダは挟まれることになります。これ自体はブレーキタッチやフィーリングを向上させてくれるため、悪いことはないようにも思います。

問題はマスターシリンダを構成する素材です。主要部品はスチールをはじめとした金属部品ですが、パイプなどの接合面も多く、比較的強度の低いパーツが存在します。ストッパが付いている場合、これらの強度の低い部分にストレスがかかり、微妙なオイル漏れが発生することがあります。

特に、サーキット走行など、激しいブレーキングが増えれば増えるほど、マスターシリンダはダメージを負うことになります。微妙なオイル漏れは、なかなか気が付かないケースも多く、知らない内に制動力が落ちることも…。そのため、純正で装着するような部品ではないと言えます。

車の基本的な動作である、「走る」「曲がる」「止まる」を構成する部品の一つでもある、ブレーキマスターシリンダー。ブレーキタッチはよりカチッとしたほうが感触が良く、ストッパーを付けると非常に判りやすく改善できます。

とはいえ、最近の車ではバルクヘッドの強度も上がっているため、必要ない場合も多いかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives