ブレーキタッチを向上させる!? マスターシリンダーストッパの効果とは?

まずはマスターシリンダー

マスターシリンダーは、ブレーキペダルと繋がっている部品で、運転席の前やエンジンルームに設置されています。マスターシリンダーは、ブレーキを制御するため、ポルシェ911のようにリアにエンジンがあったり、ハイエースのように運転席の下にエンジンがある車でも、運転席の前にあります。

マスターシリンダーには、ブレーキオイルが入っており、ブレーキペダルを踏むとマスターシリンダー内のオイルが各キャリパーに送り込まれ、制動力が発生します。ブレーキペダルと繋がっており、オイルを送り出す動きをするため、エンジンルームと運転席を隔てる隔壁部分(バルクヘッドと言います)にしっかりと取り付けられています。

しかし、ブレーキを踏むという動作をする都合上、その強さによっては多少、しなっています。

ブレーキングで大切なブレーキタッチ

brake cylinder

一般道を普通に走っている分には、ブレーキタッチを気にすることは少ないでしょう。信号で停止する場合も、ある程度、手前からアクセルを抜いて減速が始まっているところに、徐々にブレーキを踏み込んでいくため、おそらくバルクヘッドがしなる感触を感じることはないかと思います。

しかし、スポーツ走行、特にサーキット走行であれば話は別です。ストレートエンドなど、高速域からブレーキングを行いコーナーに進入していくことは多々あり、このハイスピード域からのブレーキング時に感じやすい現象と言えます。

ブレーキもアクセルも、踏むか離すか、という操作ではなく、徐々に踏み込んだり、踏み足したりするケースが多々あります。特に、踏み込んだ時に、踏み込んだ量と制動力が思いの外、釣り合わないなどの違和感を感じることがあります。これが、ブレーキタッチの不良です。

レースの場合、このブレーキタッチがより明確な方が速く走れるため、ブレーキタッチをしっかりさせる部品が必要になります。

次ページではマスターシリンダーストッパとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事