最高出力330馬力!隼のエンジンを搭載したスイフトの正体とは?

スイフトに隼のエンジンを搭載!最高出力は330ps!

ドイツで、メーカーは同じスズキである4輪車のスイフトと2輪車の隼が合体してしまいました。この車、スイフトの車体に隼のエンジンを搭載したもので、最高出力はなんと330ps。ベース車両となるスイフトのエンジンは1242ccで最高出力約90psですので、3倍以上の出力アップがされています。しかも、内装も取り払われ軽量化がなされ、シーケンシャルシフト化もされているようです。

そして、驚く事にこのスイフト、ドイツのスズキ公式サイトにも画像や動画が掲載されていました。てっきり、海外特有のふざけたノリで作られた車だとばかり思っていたのですが、海外へ行くとメーカーもユーモアに寛容と言うか、一緒になって楽しんでしまうものなのですね。では、メーカー公式サイトにも掲載されている動画をご覧ください。


軽快なエンジン音とともにパワー溢れる走行シーンはかなりの迫力を感じさせます。スイフトのボディ形状もあって、エンジンの搭載位置もミッドというよりはリアという感じです。エンジンと後輪も直結のようですし、RRといっていいかもしれません。挙動からはかなりの軽量さが感じられますし、とっても楽しそうな車に仕上がっているようですね。

ベース車両となるスイフトと隼のスペック

それでは、ベースとなったスイフトと隼のスペックも簡単に見てみましょう。

スズキ スイフトRS

【スイフトRS(2014モデル)の基本スペック】
エンジン:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
排気量:1242cc
最高出力:91ps/6000rpm
最大トルク:12.0kg・m/4800rpm
車両重量:960kg
全長×全幅×全高:3875×1695×1510mm

スズキ 隼

【隼(2014モデル)の基本スペック】
エンジン:水冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ
排気量:1339cc
最高出力:197ps/9500rpm
最大トルク:15.8kgf/7200rpm
車両重量:266kg
全長×全幅×全高:2190×735×1165mm

しかし、隼の性能は本当にすごいですね。パワーウェイトレシオでみてみると、なんと1.35kg/ps。最高速度は333.95Km/h、わずか3.3秒で120km/hに達するそうです。

元々のエンジン自体も隼の方がパワフルですが、それでも197psですので、この改造スイフトのエンジンはターボもしくはなんらかのチューニングがなされているようですね。

次ページ隼のエンジンを色々な乗り物に

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事