車のガソリンは常に満タンにしておくべきなのか?

夏は特に満タンを心がけた方がいい

ガソリン

夏は燃料が気化しやすくなる季節です。

ガソリンタンク内の空気も、夏は湿度が上がるもの。その湿気がガソリンタンク内で結露を起こします。そのため、ガソリンタンク内に水が溜まることも…。水がたまるとエンジンの不調にもつながります。

燃料を満タンにしておくと、空気の量が減るため、結露も少なくなります。夏のレジャーシーズンは、出かける前に燃料を入れることもあるかと思います。出かける前と、帰宅時の両方に燃料を入れ、自宅駐車場などでの駐車中は満タンを保てるようにするのがベストでしょう。

「使ったら入れる」をサイクルにしておくと、次に出かける時も燃料の心配をする必要がなくなりますよ。

次ページ燃料警告ランプが点灯してから何キロ走れる?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives