サイドブレーキが凍る!? 寒冷地での駐車時に注意するべきこと

サイドブレーキが凍る!?

サイドブレーキ

寒冷地ではサイドブレーキを使わないという話を、聞いたことはないでしょうか。これは、サイドブレーキのワイヤーが凍ってしまい、解除できなくなることによるものです。

サイドブレーキのワイヤーを引いたまま凍結してしまうと、溶けるまでサイドブレーキが戻らず、走ることが出来なくなってしまいます。そのため凍結の恐れがある冬場は、サイドブレーキを使わないのです。

また、サイドブレーキを使わないで停車する場合は、タイヤ止めを利用して駐車します。タイヤ止めはフロントとリヤの対角で前後に使用します。これは、普段平坦な場所でも雪などにより傾斜していることがあり、万がいちどちらかに動いてしまっても止められるようにするためです。折り畳み式のタイヤ止めなどを搭載しておくと場所も取らずに便利ですね。

シフトレバーは、AT車ならPレンジ、MT車なら1速に入れて止めます。車両を停めた際に自動でパーキングブレーキが作動する車両では、パーキングブレーキを作動させないやり方を取扱説明書などで調べておきましょう。

フロントウインドウへの対策

ワイパー 雪

雪の降るときには、ワイパーを立てて駐車している車を見ますが、あれはワイパーが雪によってウインドウに貼り付いてしまったり、アームの変形を防ぐために行っています。

しかし、積雪が多い場合はこれだけでは不十分で、フロントウインドウの凍結対策も必要です。

やり方は、フロントウインドウにカバーを掛けるだけです。

これでウインドウの凍結を避けられますし、雪などが載った場合でも除雪が楽になるでしょう。また、カバーを掛けるのであればワイパーを立てておく必要はありません。

ただし、風などでカバーがめくれてしまった場合は、凍ってしまうことも考えられますので、解氷剤を用意しておけばさらに安心ですね

間違っても、お湯、特に熱湯をかけるのはNGです。冷たいガラスに熱湯を入れるのと同じで、温度差によりガラスが割れる危険性があります。

冬にボディカバーをかけた方がいい理由

次ページ他にもある、マイナートラブル

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives