S30やZ32等…フェアレディZは今と昔でどれくらい変わったのか?

初期のZは米国日産のイメージリーダー

ダットサン240Z(S30)

1969年にフェアレディZが生まれる前の米国日産では、「フェアレディ」というオープンスポーツカーを販売していました。テスト販売されていた1000ccのダットサンスポーツ1000に始まり、最終的には2000ccのSR型フェアレディ2000まで進化はしていましたが、あくまでヨーロッパ風ライトウェイトオープンスポーツだったフェアレディでは、「日本のダットサン(「ニッサン」ブランドになるのはだいぶ後の話)」のイメージが今ひとつ弱かったのです。

そこでオリジナリティを高め…とはいっても、ここでもイギリスのジャガーEタイプを参考にはしましたが…北米市場で求められた実用性と走行性能を満たしつつ、「カッコ良くてイメージリーダーになれる車」として生まれたのが初代S30型フェアレディZです。

思惑通りに「ダットサンのズィーカー(Zカー)」として全米で旋風を巻き起こしたフェアレディZは、空前の大ヒットとなります。2代目のS130型になってもそれは続き、IMSAなどレースでも大活躍したのでした。

日本でも初代はスポーツカーとして大人気

日本でも「日本グランプリ」などで活躍し、軽量ハイパワーのジャジャ馬、ゼロヨンのタイムならGT-R(ハコスカPGC/KPGC10の時代)にすら負けないと言われたSR型フェアレディの後継として、S30初代フェアレディZは歓迎されます。

日本オリジナルモデルとして、GT-Rと同じ2リッター直6DOHCエンジンのS20を搭載した「Z432」と、その軽量化レーシングベース「Z432R」も存在しましたが、S30ZのシャシーとS20エンジンのマッチングが今ひとつでした。

結局イメージリーダーとなったのは、2.4リッター直6SOHCのL24を搭載した「240Z」と、Gノーズと呼ばれたフロントのエアロパーツを装着した「240ZG」だったのです(ただし最量販モデルは2000ccのL20を搭載したベースモデル)。

レースで活躍したのも240Zで、「Zの柳田」または雨のレースにめっぽう強かった事から「雨の柳田」とも言われた名レーシングドライバー、柳田春人などのヒーローを生んでいます。
また、サファリラリーにバイオレットの後継として投入された240Zが総合優勝を果たした事も、人気に拍車をかけました。

2代目のS130もそれなりには人気がありましたが、スーパーカーブームの中でやや地味な存在でS30より大きく重くなった一方、厳しい排ガス規制の中ではC210スカイライン同様、2リッターターボが追加されるまではスポーツカーとして動力性能に物足りなさを感じるガマンの時代だったのです。

円高で高級スポーツ路線に

3代目のZ31型も基本的には、S30以来のコンセプトをキープし、見た目はヘッドライトが丸目から異形に代わった程度の変化でした。しかし、メカニズム的には直6のL系エンジンからV6エンジンのVGに切り替わり、2リッターターボ、または3リッターターボの高級かつ高性能路線に転じます。

折りしも、デビュー2年後の1985年にはプラザ合意によって1年で1ドル=235円から150円へと急激な円高が始まりました。それまでの「安くて実用性の高いスポーツカー」という、北米でのフェアレディZの評価は一変する事になりますが、円高で高価格化が進む前に高性能化を進めていたため、以後は付加価値の高いラグジュアリースポーツとして、ポルシェ924などがライバルになっていきます。

一方、国内では主に2リッターターボのVG20ETがパワー、フィーリング両面でユーザーから不評で、後に直6DOHC2リッターターボのRB20DET搭載モデルが追加されました。そのおかげで、RB26DETTに換装したチューニングカーなども現れはしましたが、歴代モデルの中では今ひとつ人気の出なかったモデルと言えます。

280馬力規制を作った重厚なラグジュアリー・スポーツ

1989年、R32GT-Rに先駆けて280馬力を発生した3リッターV6DOHCツインターボ「VG30DETT」を引っさげて4代目Z32が登場します。

GT-Rともども280馬力規制のきっかけとなったハイパワーや、日産独自の4WSであるスーパーHICASも駆使しつつ「901運動」のたまものである優れたハンドリングを示しましたが、レースで活躍する事も目的としたGT-Rとは違い、Z32は重厚なラグジュアリースポーツとしてモータースポーツのイメージからは一歩遠い位置にありました。

米国ではIMSAやデイトナ24時間レースに出場して好成績を残し、日本のGT選手権にもほぼそのままのワイド&ローの姿で登場した事もありましたが、Z32がレース活動をしていた印象は日本では薄いままとなりました。

大きく重くなったわりにエンジンルームに余裕が無く、新型のVQエンジンにも換装できなかったZ32は、モデルチェンジのタイミングを逃すと、極度の販売不振に陥った日産の中で半ば放置されたようになり、日産がルノー傘下に入った翌2000年に一度その歴史を閉じます。

「俺たちのZを返してくれ!」

一方で、1996年には既にZ32の販売を中止されていた北米では、初代S30をレストアした「ビンテージZ」が1997年から発売されるなど、「古き良きズィーカー」への回帰が始まります。

その流れは「そうだこれがZだ!俺たちのZを返せ!」とばかりに全米のZファンを巻き込んだ運動に発展し、ついには1999年の北米自動車ショーにS14シルビア(北米名240SX)をベースにした北米日産オリジナルの「240Zコンセプト」が展示されるという事態にまで発展します。

そしてその熱い願いが届いたのかどうか、それとも一番熱い想いをもっていた人間が、たまたまZの運命を握るポジションにいたというべきか。フェアレディZは不死鳥のように復活を遂げたのです。

その男は、Zに再び翼を与えた

日産を立て直すべくルノーから派遣されたその男、カルロス・ゴーンは、存亡の瀬戸際に立たされて間違いなくリストラ対象になるであろうフェアレディZに対して、大方の予想と反する想いを抱いていました。「自動車とは、ハンドルを握って5分で嫌なことが何もかも吹き飛ぶんです。そんな乗り物が他にありますか?」。

彼がミシュランの北米担当者だった頃の愛車がZ32だった事、路面に吸い付くような走りで彼を魅了していた事が、奇跡を起こします。細々と続けられていた新型Zの開発にGOサインが出され、2002年には5代目Z33として復活したのです。

V35スカイラインとシャシーやパワートレーンを共用したとはいえ、フロントミッドシップに念願のVQ35DEエンジンを搭載したロングノーズ・ショートデッキの姿はまさにフェアレディZそのものででした。

現在も北米日産のスポーツカーとして君臨

販売再開された北米市場でもスカイラインクーペがインフィニティQ60として高級スポーツとなっているのとは対照的に、現在でも日産ブランドのスポーツカーとして、スーパーカーのGT-Rと共に日産の重要なイメージリーダーとして君臨しています。

とはいえ、6代目Z34のデビューからも8年たちましたし、そろそろ後継車など何か新しい話が欲しくなってきていますね。初代S30Zから、「ズィーカー」は何もかもが変わりましたが、「でも、何もかも変わらない。ズィーカーはそこにある。」フェアレディZとは、そういう車です。

たまたま日本で人気のあった時期もありましたが、本来は北米の日産ファンのための車でした。きっとこれからも、北米のファンがそれを望む限り、ずっと変わらずそこにいる事でしょう。コンセプトカーとして展示されたクロスオーバーSUVクーペが後継という噂もありますが、北米のファンがそれを許さないでしょうね。

フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
159.8万円
年式:2011年
走行距離:11.0万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
227.9万円
年式:2009年
走行距離:2.6万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
379.8万円
年式:2008年
走行距離:3.4万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
149.8万円
年式:2007年
走行距離:4.6万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
74.8万円
年式:2004年
走行距離:7.7万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
64.9万円
年式:2003年
走行距離:8.9万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
89.9万円
年式:2002年
走行距離:7.4万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
231.8万円
年式:2010年
走行距離:5.5万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
171.9万円
年式:2007年
走行距離:2.9万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
65.0万円
年式:2003年
走行距離:8.4万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
189.9万円
年式:2008年
走行距離:4.7万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
115.9万円
年式:2006年
走行距離:3.7万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
63.0万円
年式:2003年
走行距離:12.5万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
46.0万円
年式:1997年
走行距離:13.1万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
379.8万円
年式:2014年
走行距離:0.8万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
38.0万円
年式:2004年
走行距離:11.4万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
62.0万円
年式:2004年
走行距離:5.2万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
55.0万円
年式:2003年
走行距離:11.5万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
89.0万円
年式:2003年
走行距離:3.3万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
109.9万円
年式:2006年
走行距離:9.5万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
129.0万円
年式:2000年
走行距離:11.1万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
157.7万円
年式:2009年
走行距離:11.3万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
269.8万円
年式:2010年
走行距離:5.8万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
129.8万円
年式:2007年
走行距離:7.5万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
159.8万円
年式:2006年
走行距離:2.8万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
128.0万円
年式:2005年
走行距離:4.1万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
76.0万円
年式:2003年
走行距離:5.7万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
65.0万円
年式:2003年
走行距離:8.5万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
138.0万円
年式:2008年
走行距離:11.8万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
95.0万円
年式:2006年
走行距離:11.9万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
189.0万円
年式:2004年
走行距離:8.2万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
459.0万円
年式:2016年
走行距離:0.2万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
259.8万円
年式:2009年
走行距離:交換車
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
39.8万円
年式:2004年
走行距離:9.0万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
86.0万円
年式:2004年
走行距離:6.3万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
128.0万円
年式:2005年
走行距離:8.1万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
48.8万円
年式:2003年
走行距離:9.6万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
89.9万円
年式:2003年
走行距離:5.4万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
318.0万円
年式:2011年
走行距離:1.7万km
詳細を見る
フェアレディZ
日産 | フェアレディZ
218.8万円
年式:2009年
走行距離:4.9万km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事