昔の4WDは曲がらなかった!?最近の4WDの方が「よく曲がる」は本当か?

"漢(おとこ)"の「パートタイム4WD」

ジムニー

まず昔の4WDの話をしてみましょう。大昔のくろがね四起(九五式小型乗用車)やジープから現在のジムニーなど、本格的な悪路走破性能を求めるタイプの4WDは、前後輪を繋ぐドライブシャフトはトランスファー(副変速機)を介した直結式です。

ともかく荒れた路面などを四輪を使って乗り切る能力には優れています。しかし、前後輪の回転差を吸収する機構を持たないので裏を返せば悪路走破性以外での活躍の機会はほぼないでしょう。

舗装路面で4WDのまま曲がろうものなら、回転数が合わないタイヤのどれかを引きずったり、パワー不足でそのまま曲がっている途中で固まったり。さらに、舗装路面の高速走行などは、路面からの入力が強すぎて駆動系が壊れたりと危険であるため、こうした車種では4WDのまま高速走行しないのが当たり前です。パートタイム式の場合は、メインの駆動輪以外への駆動伝達を解除できるので、二輪駆動で走ることができます。

スバル レオーネ

スバル レオーネや三菱 コルディア、トレディアなどのパートタイム4WD乗用車は、「悪路以外はちょっと重くて意味が無い2WD車」として走る事もできました。

しかし昔のランドクルーザーやサファリ、パジェロなどのクロカン4WDは最低地上高を上げるための大きいタイヤが災いして最小回転半径が大きく、車は小さくてもタイヤは大きいジムニーにも同様に取り回しに難がありました。

今は数少ない「フルタイム4WD」

アウディのクワトロシステムに始まり、日本車ではファミリアから採用されたフルタイム4WDは前後輪の駆動系の間にセンターデフを装備した事で、タイヤの回転差を左右だけでなく前後でも吸収するようになった事で路面を問わず4WDとして走行できる画期的なシステムでした。

しかし「常時4WDで走行する」という事は常に四輪を回すための負荷がかかるという事で、走行性能や安定性としては優秀でしたが、抵抗が大きいため燃費が著しく悪化する問題がありました。

そのため、一時的大流行の後は、信頼性第一のラリー用などスポーツタイプの車を除けば急速に廃れていきます。

そのスポーツタイプにしても、4WDハイパワーターボなど大馬力を生かした良く言えば積極的な、悪く言えば強引なフェイントモーションなど高速4WD特有の「曲げるための力であるヨーモーメントをドライバーが意図的に作らないと曲がらない車」になってしまったのです。

「曲げる」ならともかく「曲がる」は難しいのがフルタイム4WDだったと言えて、「4WDは曲がらないし曲げるのも苦労する」という感想の多くのケースはこの4WD方式です。

次ページ生活(スタンバイ式)4WDや電子制御4WDとは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事