懐かしの魅力的な軽スポーツカーといえば??ビート、カプチーノ、AZ-1、コペンを比較!

ホンダ ビート

ホンダ ビート

ホンダが1991年5月に発売した軽自動車のオープン2シーターです。特徴的なのは、エンジンを座席と後輪の間に配したミッドシップレイアウト(MR)にあります。ホンダでは1990年にミッドシップレイアウトのスポーツカー、NSXを発売しており、その魂を受け継いだ軽スポーツとして多くの自動車ファンに歓迎されました。

車両の中央に横置きミッドシップ配置されるエンジンは、直列3気筒SOHCの656cc。軽自動車の自主規制上限の64PSを、何と8100rpmという高回転で発揮するホンダらしいもエンジンです。

サスペンションは四輪独立懸架ストラット式で、軽自動車初の4輪ディスクブレーキ、前13インチ・後14インチの前後異型タイヤが装備されました。パワーステアリングは装備されず、終始5MT車のみの設定でした。

軽自動車の規格変更などにより、1996年1月に生産を終了しました。2015年に発売されたS660は、このビートのコンセプトを継承し、現在の安全基準を満たした設計になっています。

スズキ カプチーノ

スズキが1991年10月に発売した軽自動車のスポーツカー。ホンダ・ビートよりも後の発売ですが、そもそもは1989年の東京モーターショーに参考出品され、その際に発売も表明されました。

レイアウトはフロントエンジン、後輪駆動のFR方式。屋根は3ピース構成で脱着可能。頭上の屋根を外し中央のパネルが残るTトップ、中央のパネルを外したタルガトップ、そしてリアウィンドウまで完全に外したフルオープンの3種類の形態にすることができました。

FR方式も、ビートと比べると普通のレイアウトのようですが、当時の軽乗用車(ワンボックスタイプや四駆タイプを除く)では唯一の存在でした。フロントアクスルより後方に配される、いわゆるフロントミッドシップ方式で搭載されるエンジンは、アルトワークスに搭載されるものをベースにした直列3気筒DOHCターボ、657cc。自主規制値いっぱいの64PSは、ターボの加給を得て6500rpmで発揮します。

軽自動車ながら、重量配分はフロント51対リア49。軽自動車初の4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンション、ボディや屋根に一部アルミニウムを採用するなど、スズキがいかに本格的なスポーツカーを作ろうとしていたかが伝わってきます。

1995年のマイナーチェンジでは3速ATも追加されました。軽自動車の規格変更などにより、1998年10月で生産を終了しました。

次ページもっと個性派と、今買いやすい車はコレ

この記事をシェアする

最新記事