「ホットイナズマ」には効果があるのか?その仕組みとは?

ホットイナズマが効果を発揮する原理

hotinazma

ホットイナズマはコンデンサに電気を蓄電することによって、電装部品へ安定した電力供給する事が目的です。バッテリはー、車の中で電力を蓄積、放電する装置ですが、鉛のバッテリーであるため、即時必要な電力を出力できない場合があります。

その際に、ホットイナズマがあれば、ホットイナズマ側から出力するため、突出した電力が必要な際に安定供給できる、というのがホットイナズマの仕組みです。度重なるスロットルのオン、オフなどを初め、瞬間的に電力を必要とするシーンは多々あります。そのような時に、ホットイナズマがあれば安定した電力供給が行われ、レスポンスよく走ることが可能になります。

効果はそれほどでもない?

headlight

さて、ロジックはわかったのですが、走行中はオルタネーターで発電をしています。また、オルタネーターはそれなりの発電量を確保しています。よって、ホットイナズマの効果がどれほどあるのか…ということについては疑問を投げかける人がいるのも事実。

コンデンサが間に入るという事で、オーディオの音質改善やヘッドライトの明るさの向上などについて、目に見える効果が見える場合もあるようです。しかし、これも数十年経過したモデルである場合、全体的に通電経路などが劣化していたり、錆びている可能性があるため、これらに対して効果を発揮している、とも言えます。

そのため、端子周りの錆びを除去する等、基本的な整備をする事で同等の効果を得られる場合も。ある意味では、ホットイナズマの効果と言えます。しかし、ホットイナズマでなくては出来ない、ということでもないようです。

次ページ電力の話といえばアレも

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事