オートサロン2016に登場したN lab.のS660…懐かしさを感じる理由とは?

「N lab.」とは?

S660 NEO CLASSIC(撮影:横山大輔)

ホームページも無く、東京オートサロンの案内にも出展者名以外の一切の情報が無い謎に包まれたようなグループ「N lab.」。

ホンダの純正カスタマイズブランド「モデューロ」も手掛ける、株式会社ホンダアクセスの有志による独自製作ブースだそうです!何ということでしょう?!非公式とはいえ、ホンダスピリットの一部を立派に受け継いでいる人たちではありませんか?!

さしずめ「裏モデューロ」といったところなのか、あるいは単なる社内サークルなのか、これから紹介する2台のクオリティの高さに、今後の活動にも大いに期待を持ちたくなりました!

よくある改造軽ピックアップではありません!

FRIENDLY 2 SEATER(撮影:横山大輔)

何となく、昔の「ステップバン」や「バモス」を今見ると感じるような、どことなくノスタルジックな雰囲気を感じるスタイル。ベース車がかつての「N360」のリメイクである「N-ONE」なのですからある意味当然ではありますが、フロントグリルなど何と「木」です!

ステップバンにもバモスにも木のフロントグリルなどありませんでしたが、ノスタルジィな商用バンや、農村が似合うバギー風商用車を、木のグリル1枚で連想させてしまうセンスが素晴らしく思います。

フロントシートの後ろはバッサリカットされているのは、トールワゴンやハッチバックタイプの軽自動車をカスタマイズするのによく見られるスタイルで、実際に昔は「コニー・360」や「マツダ・ポーターキャブ」、「スズキ・マイティボーイ」など軽ピックアップトラックが存在しました。

是非とも使い古され、朽ちかけた姿を見せてほしい一台

FRIENDLY 2 SEATER(撮影:横山大輔)

しかし、この「FRIENDLY 2 SEATER」が他のカスタム軽ピックアップと同じなのはそこまでで、リアに回ってビックリ!ここでもウッドパネルが敷かれ、観葉植物が置かれているではありませんか!

ものすごく田舎の農村で見かけたら…というより、「是非とも走っていてほしい!」と思わせる一台です。展示されたピカピカの状態もいいのですが、この手の車は使い倒され、汚れ、錆びて朽ち始めたあたりに一番味が出ますから、20年後あたりにそんな姿を見たくなりました。

本当の憧れは遠くからでも見つけてしまう!ノスタルジックS660

S660 NEO CLASSIC(撮影:横山大輔)

そして、遠くからその姿を見かけて思わずこのブースに引き寄せられるキッカケとなった1台が、「S660 NEO CLASSIC」です。遠くから見た時に、その赤く小さなボディのテールランプに、ハッ!と胸をつかれました。

何か昔、こういう車を見たような。そして憧れたような…あえて言えばスズキのフロンテクーペのテールが遠くから見たらこんな雰囲気だったかもしれませんが、いえいえやはり似ていません。

そしてフロントに回れば、「ああ、Nッコロをベースにスポーツカーを作っていたらこうなっただろうな」と想像した時の事を思い出します。

サイドに回ると、S660の可能性の一つな事に気づく

S660 NEO CLASSIC(撮影:横山大輔)

うっとりした気分のままサイド側に回ると、ルーフを除く座席部分からルーフ後端~リアのラインは前後から見た時に比べて手を入れたのは最小限で、実は最低限の処理でこれほどのノストラジック・スポーツを作り上げた事がわかって、さらに驚かされます。

「もう原型(S660)を留めていない」という人もいますが、よく見ればS660そのものに間違いない事にも気が付くのです。

おそらくS660の企画段階ではさまざまなデザインが提出されたでしょうし、その中には現在のS660に至ったもの、あるいはかつてのビートを忠実にリメイクしたもの、あるいは往年の「エス」を現代風に解釈したものなど多数の案があったと思います。この「S660 NEO CLASSIC」も、もしかしてそのデザイン案の一つを源流に持っていたら?

S660はとても若い方が中心になったチームで開発されたそうですが、もしその歴史が少し変わった並行世界では、これがS660としてデビューしているのかもしれない、そんな妄想をこのブースでしばし味合わせていただきました。

数あるオートサロンのブースを巡る楽しみは、このような「掘り出し物」を見つける事です。これからオートサロンに足を運ぶ皆さんも、もし良ければこの「N-lab.」に足を運んでみてください。全くの非公式ではありますが、ここも間違いなくホンダスピリットの一部だと思います。

そして、メジャーなブースだけでなく、遠くから見てハッ!とするような閃きは大事にしましょう。あなたにとっても素晴らしい掘り出し物のブースが見つかるかもしれません。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事