【東京オートサロン速報】これぞ「KUHL JAPAN」?!金銀揃ったR35 GT-Rの正体とは?

唯一無二の世界観「KUHL JAPAN PROJECT R35GT-R」

クールレーシング

昨年のオートサロンでもコンセプトカー部門で最優秀賞を受賞した、KHUL RACINGのR35GT-R。特徴としては「3Dメタルペイント」「エングレービング施工」という技術が用いられており、塗装では絶対にできない造形が施されています。エングレービングとは版画の技法のひとつで、ボディを「彫る」ことで、こうした繊細なディテールを表現しています。

走行性能もECUチューンや吸排気のカスタマイズで性能UPを果たしているようです。とはいえこの圧倒的なアピアランスは何物にも代えがたいものがありますね。

今回は「昨年の総合グランプリ受賞車両を上回るカスタムペイント&チューニングを施す!」という意気込みで制作した「KUHL JAPAN PROJECT R35GT-R」を出展。

昨年モデルもあわせて「金銀」そろった、なんとも豪奢というべきか、新春らしい華やかなブースに。恐らく多くの方もこの眩い金色のGT-Rに目を奪われる事でしょう。今年のグランプリは果たして…!?

華やかな新型「プリウス」も…!!

クールレーシング

金色のGT-Rのインパクトが凄すぎるのですが、ほかの車種も非常に魅力的。特にプリウスは特殊なラッピングが施されており、なんとも「雅」なムード。ハイブリッド車というイメージはもはやなく、なんとも言えない美しさをたたえている、といえます。

非常に個性的なエクステリアデザインを施すチューニングブランドとして、ますますKUHL RACING & ARTISが名を馳せるのは間違いないでしょうね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事