なぜ雪が降らなくてもスタッドレスタイヤに交換すべきと言われるのか?

初冠雪はタイヤ交換の目安

初冠雪(足成より)

日本は広いですから、「めったに雪など降らないし、そもそもスタッドレスタイヤなど履いた事が無い」という人も多いかと思います。そんな地域の方も含めてですが、スタッドレスタイヤに履き替えるとしたら、いつ頃でしょう?

雪が降る地域では、おおむね平年通りだと初雪が降る時期が、タイヤ交換の始まりです。最初からいきなり平野部に大雪が降る事は少ないので、近くの山に初冠雪が見られた時、などを基準とする場合もありますね。

そうした土地では平野部で雪が降らなくても、遠くの街に行くため山越えをするのを見越して、タイヤ交換をしておく事が多く、外回り営業の多い会社でライトバンのタイヤ交換が一斉に始まる時期でもあります。

もちろん、雪が降ってから慌ててタイヤ交換をする人も少なくないので、タイヤショップやカー用品店で数時間待ちになる前に換えておこうという計算もあるんです。

雪が降らない地域ではどうする?

冬の雪が無い山道(足成より)

しかし、そもそも普段全く雪が降らないし、年に一度思い出したように降る大雪だけという地域では、そうした目安がありません。急な大雪で夏タイヤ装着車によるスタック多発の原因でもありますが、そうした地域にもタイヤ交換の目安となるものがあります。

それが「気温」です。おおむね最低気温が7度を下回るようになると、冬タイヤに交換してもいい時期と言えます。

夏タイヤが弱いのは凍結や雪だけにあらず

rain circuit(SuperCar-RoadTrip.fr)

スタッドレスタイヤは宣伝効果もあって「雪道・凍結路用タイヤ」というイメージがありますが、実はもうひとつ「低温用タイヤ」という重要な顔を持っています。サーキット走行など、競技やレースでのスポーツ走行の経験がある人には馴染み深い話ですが、自動車のタイヤは温度によってゴムの硬さや成分が最適化された時に、その最大の効果を発揮します。

スポーツ用タイヤの中でも「Sタイヤ」と呼ばれる溝の少ないセミスリックタイヤ(セミレーシングタイヤ)や、溝が全く無いレーシングスリックタイヤは、「ハード」「ミディアム」「ソフト」など同じタイヤパターンでも何種類ものタイヤがあり、気温や路面状況に応じて使い分けるのが普通です。

乾燥路面が超高温の時に最大の効果を発揮する「ハード」タイヤを、寒い雨の日のウェット路面に使っても全くグリップしませんし、逆に冷たいウェット路面で効果を発揮する「ソフト」タイヤで真夏のサーキットを全開走行すれば、場合によっては一周もつかどうかというほど摩耗します。

それはスポーツ走行に限らず、一般公道を走るタイヤでも同じ事が言えるのです。

低温では夏タイヤの性能がガタ落ち

winter road(PRONicholas A. Tonelli)

一般的に「夏タイヤ」と呼ばれるタイヤが、その性能を発揮できる気温の下限は7度と言われます。それを下回るとゴムが硬くなり、路面をつかむ力が弱くなってグリップ力の低下と、何よりもブレーキ性能が低下するのです。

特に濡れた路面で夏と冬のブレーキ性能の違いは顕著で、寒い雨の日にスリップや、急ブレーキでいつもより制動距離が伸びた経験がある人も多いのではないでしょうか。さらに、硬くなったゴムはモロくすり減りやすいので、その意味でも低温時の装着は効率的ではありません。

そこで登場するのがゴムが柔らかいため低温時でも夏タイヤほどの性能低下を起こさないスタッドレスタイヤで、雪が降らなくても装着が推奨される理由として、最近浸透してきています。

ただ、どんな場所でも雪国並のタイヤを選ぶ必要はありません。基本的には雪が降った場合にはゆっくり走るのが大原則でもありますし、雪道・凍結路用タイヤとしての性能は最低限でも、乾燥路面での性能を重視したチョイスでも問題はないのです。

ただ一点だけ、真夏の炎天下に野ざらしになどすると、ゴムの劣化で冬でも硬い冬タイヤになってしまいます。ゴムの柔らかさが低温用タイヤの重要なところなので、冬季以外の保管には気を使ってください。

柔らかい冬タイヤで、雪道や凍結路だけでなく、低温時も安全にドライブしましょう!

スイフト
スズキ | スイフト
87.8万円
年式:2014年
走行距離:5.5万km
詳細を見る
フォレスター
スバル | フォレスター
181.5万円
年式:2012年
走行距離:2.4万km
詳細を見る
インプレッサスポー...
スバル | インプレッサスポーツ
135.0万円
年式:2011年
走行距離:3.7万km
詳細を見る
N-ONE
ホンダ | N-ONE
144.1万円
年式:2016年
走行距離:0.3万km
詳細を見る
ヴェゼル
ホンダ | ヴェゼル
215.8万円
年式:2014年
走行距離:4.1万km
詳細を見る
N-BOX
ホンダ | N-BOX
118.5万円
年式:2013年
走行距離:1.7万km
詳細を見る
N-BOX
ホンダ | N-BOX
129.8万円
年式:2012年
走行距離:2.8万km
詳細を見る
ステップワゴン
ホンダ | ステップワゴン
109.8万円
年式:2011年
走行距離:7.0万km
詳細を見る
デリカトラック
三菱 | デリカトラック
89.0万円
年式:2009年
走行距離:4.0万km
詳細を見る
フリード
ホンダ | フリード
211.6万円
年式:2017年
走行距離:2km
詳細を見る
アルトラパン
スズキ | アルトラパン
92.8万円
年式:2017年
走行距離:5km
詳細を見る
スペーシア
スズキ | スペーシア
157.0万円
年式:2017年
走行距離:5km
詳細を見る
ウェイク
ダイハツ | ウェイク
171.0万円
年式:2017年
走行距離:6km
詳細を見る
ミライース
ダイハツ | ミライース
79.8万円
年式:2016年
走行距離:5km
詳細を見る
ミライース
ダイハツ | ミライース
79.8万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
ハイゼットカーゴ
ダイハツ | ハイゼットカーゴ
89.8万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
ハイゼットカーゴ
ダイハツ | ハイゼットカーゴ
95.0万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
デイズ
日産 | デイズ
128.0万円
年式:2016年
走行距離:15km
詳細を見る
ノート
日産 | ノート
127.8万円
年式:2016年
走行距離:14km
詳細を見る
ノート
日産 | ノート
144.0万円
年式:2016年
走行距離:12km
詳細を見る
タント
ダイハツ | タント
152.8万円
年式:2016年
走行距離:3km
詳細を見る
デイズルークス
日産 | デイズルークス
167.9万円
年式:2016年
走行距離:16km
詳細を見る
セレナ
日産 | セレナ
284.8万円
年式:2016年
走行距離:30km
詳細を見る
Bクラス
メルセデス・ベンツ | Bクラス
299.0万円
年式:2016年
走行距離:14km
詳細を見る
Bクラス
メルセデス・ベンツ | Bクラス
339.0万円
年式:2016年
走行距離:15km
詳細を見る
Bクラス
メルセデス・ベンツ | Bクラス
339.0万円
年式:2016年
走行距離:15km
詳細を見る
Aクラス
メルセデス・ベンツ | Aクラス
355.0万円
年式:2016年
走行距離:30km
詳細を見る
ハイエースバン
トヨタ | ハイエースバン
399.8万円
年式:2016年
走行距離:51km
詳細を見る
Cクラス
メルセデス・ベンツ | Cクラス
428.0万円
年式:2016年
走行距離:18km
詳細を見る
Cクラス
メルセデス・ベンツ | Cクラス
471.0万円
年式:2016年
走行距離:19km
詳細を見る
Cクラス
メルセデス・ベンツ | Cクラス
471.0万円
年式:2016年
走行距離:24km
詳細を見る
Cクラス
メルセデス・ベンツ | Cクラス
489.0万円
年式:2016年
走行距離:14km
詳細を見る
Cクラス
メルセデス・ベンツ | Cクラス
518.0万円
年式:2016年
走行距離:54km
詳細を見る
Cクラス
メルセデス・ベンツ | Cクラス
761.0万円
年式:2016年
走行距離:21km
詳細を見る
Sクラス
メルセデス・ベンツ | Sクラス
891.0万円
年式:2016年
走行距離:39km
詳細を見る
Sクラス
メルセデス・ベンツ | Sクラス
964.0万円
年式:2016年
走行距離:19km
詳細を見る
Sクラス
メルセデス・ベンツ | Sクラス
1141.0万円
年式:2016年
走行距離:34km
詳細を見る
アルトラパン
スズキ | アルトラパン
112.8万円
年式:2016年
走行距離:10km
詳細を見る
i3
BMW | i3
468.0万円
年式:2016年
走行距離:100km
詳細を見る
アルト
スズキ | アルト
69.8万円
年式:2016年
走行距離:5km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事