最高速度が約250km/hの「M4」と「i8」…BMWの高性能車の対決の結果は?

i8

BMW「M4」と「i8」がドラッグレースで対決!

M4はBMWのラインナップ再編によってクーペ系が偶数シリーズとなったことに伴い、BMWを代表するスポーツモデルのM3からM3クーペの後継モデルとして独立、M4として販売されるようになったモデルです。旧モデルであるM3クーペは、Mモデルの中でも特に人気が高く、スポーツモデルの代表格と言ってもいいモデルでした。

それに対し、i8はBMWのサブ・ブランドとして位置付けられた持続可能な次世代モビリティを提供するプレミアム・ブランド「BMW i」のハイエンドスポーツカーです。このi8、高性能マシンのスポーツ性を持ちながらも小型車並の燃費性能を実現したプラグイン・ハイブリッド・モデルとなります。

今回、この2台がドラッグレースで対決します。動画内では明確にされていませんが、他のAutoBildの動画から推察するに、距離は1/4マイル、いわゆるゼロヨンのレースだと思われます。果たしてこの2台のドラッグレース勝負はどうなるのでしょうか?

M4の主なスペック(MTモデル)

自然吸気エンジンのような吹けあがりと、ターボによるパワーを併せ持つ新開発の3L 直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最高出力431psを発生します。トランスミッションは、6速MTと7速M DCTを設定し、ボディやサスペンションの大部分にはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)や軽量アルミニウムを採用。卓越した運動性能と効率の両立を実現しています。

全長×全幅×全高:4685×1870×1385mm
車両重量:1610kg
エンジン:直列6気筒DOHCターボ
排気量:2979cc
最高出力:431ps(317kW)/7300rpm
最大トルク:56.1kg・m(550N・m)/1850~5500rpm
0-100km/h加速:4.5秒
最高速度:250km/h

i8の主なスペック

i8

i8は、高性能なスポーツ走行性能を持ちながらも小型車並のすぐれた燃費性能を兼ね備えたプラグイン・ハイブリッド・モデル。最大出力231psの直列 3気筒1.5LのBMWツインパワー・ターボ・エンジンと131psの電気モーターを搭載し、システム出力362psを発生します。電気モーターのみでの走行も可能で、最高速度120km/h、最長35kmまでEV走行が可能。まさに最新のスポーツカーを具現化したようなモデルと言えるでしょう。

全長×全幅×全高:4690×1940×1300mm
車両重量:1500kg
エンジン:直列3気筒DOHC12バルブ+モーター
排気量:1498cc
エンジン最高出力:231ps(170kW)/5800rpm
エンジン最大トルク:32.6kg・m(320N・m)/3700rpm
システム最大出力/最大トルク:362ps/58.1kg・m (570N・m)
0-100km/h加速:4.2秒
最高速度:250km/h

M4とi8、ドラッグレースの勝負の行方は?

M4が対決するドラッグレース動画

M4とi8の勝負はi8に軍配が上がりましたが、AutoBildでは他にもM4を使ったドラッグレース対決の動画をアップしています。ここでは、最近公開された2つの動画もご紹介します。1つ目の動画はM4の弟分と言ってもいいM235iを相手に、もう1つは兄貴分と言えるM6を相手に勝負を繰り広げます。果たして、それぞれの勝敗はどのような結果になったのでしょうか。

M4 vs M235i

M4 vs M6

以上、AutoBildの動画からBMWの車を使ったドラッグレースの動画をご紹介しました。主なMの名を冠したモデルのゼロヨン加速性能比較を楽しんでいただけましたでしょうか。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事