エッティンガーが500馬力、2000万円のゴルフを発表…どんな車なのか?

世界中で愛されているゴルフ

ゴルフ

フォルクスワーゲンのゴルフは、初代発売から約40年たちますが、今もなお世界中で愛されている車です。冒頭でも触れましたが、コンパクトなデザインと小回りの良さが人気を博していて、日本の街中でもよく目にしますね。

若者や主婦までも安心して乗れる輸入車とは?と聞かれたら、真っ先にゴルフが思い浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、ゴルフをベースとしてスポーツモデルにチューニングされているタイプもあります。こちらのシリーズは、ゴルフシリーズ最強と称されていて、シリーズで唯一となる四輪駆動システムを採用している「ゴルフ R」などのスポーツグレードが大変人気です。

そんな中、エッティンガーが怪物ゴルフを発表し、話題に!

OETTINGER(エッティンガー)が500馬力の怪物ゴルフを発表し、世界中のゴルフファンの間で早くも話題になっています。

その名はOettinger Volkswagen Golf R500」

2.5L 直列5気筒ターボエンジンを搭載し、518馬力。0〜100km/hは、なんと脅威の3.4秒とのこと。サーキットドライバーにとっては堪らない内容の一台に仕上がっています。価格は、驚きの2000万円ですので、誰もが手を出せる車ではありませんが、これだけのチューニングなら納得でしょうか…。

また、OETTINGER(エッティンガー)は、私達の想像を絶する大胆なチューニングをするメーカーとして有名ですが、今回発表された「Oettinger Volkswagen Golf R500」の他に、600馬力、650馬力、700馬力バージョンの開発も進めているようです。

次ページ怪物ゴルフのエンジン音をご堪能あれ!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事