冬にこそ活躍する!?ウィンドウの”ウォッシャー液”は本当に必要か?

「ウォッシャー液」の役割とは?

ウォッシャー液

正確には「ウィンドウォッシャー液」と呼ばれる液体の役割は、フロントガラス、あるいはリアワイパーがついている車であればリアウィンドーの拭き取り補助です。

ワイパーは雨の日にガラスから雨滴を拭き取って視界を確保するために必須のパーツですが、雨滴以外のものが付着した場合には、ワイパーだけで十分な拭き取り効果が出せません。それは鶏の糞や虫の死骸などの異物であったり、あるいは油膜であったり。あるいは前の車や自分の車ではね上げた泥の時もあります。

それが雨の日であれば、雨滴の水分を使って「洗い流すように」拭き取れる程度の時もありますが、乾燥していればお手上げ。そんな時にウォッシャー液をガラスに噴射する事で、ワイパーによる拭き取り効果を格段にアップする事ができるのです。

ウォッシャー液の成分は?

何とはなしに入れているのであまり気にしないウォッシャー液の主成分ですが、大半はエタノールと界面活性剤です。

界面活性剤とは市販の台所用洗剤にも使われているヌルヌルした粘り気のある液体ですし、エタノール(無水アルコール)も薬局で買えますから、意外と日常的に手に入るものでウォッシャー液の基本はできてしまいます。

カー用品店などでは一番安いウォッシャー液なら200~400円程度で2Lのボトルが買えるので、そう特別なものではありません。

これに加えて、商品によっては油膜除去能力を強化したり、凍結しにくい、解氷効果のある寒冷地用、ガラスに撥水コーティングのできるものまであり、それぞれの商品に適応した添加剤が追加で入っています。

もし水を入れたら?

ウォッシャー液の代わりに水を入れたらどうなるのか?とは誰もが考えるところですが、単純な拭き取り補助効果としては、水でも構いません。カラカラに乾燥したガラスを濡らす事ができれば、それだけでもいいのです。

ただし、水はあくまでも「水」以上のものでは無いので、油膜を落とすような効果は全くありません。さらに、冬に気温が氷点下に下がれば凍結してしまいますので、ウォッシャー液としての役に立たなくなります。

この面では寒冷地用ではないウォッシャー液や、濃縮タイプのウォッシャー液を薄めすぎた場合でも同じ事が起きますので、冬のウォッシャー液の管理には十分注意しましょう。

もし他の液体を入れたら?

前述したようにウォッシャー液には台所用洗剤と同じ界面活性剤が入っていますので、液体洗剤を入れてしまう人もいます。

もちろんそのままでは、場合によって泡立ってしまう事もありますし、粘度が高すぎてウオッシャーモーターに余計な負荷がかかりますから薄めて入れるわけですが、一応それでもウォッシャー液の代わりにはなります。

ただし、前述したようにウォッシャー液は高価なものではありませんから、洗剤だとかえって高くつく場合がある事や、ガラスに付着した拭き残しの洗剤が乾燥すると白く粉っぽく付着してしまいますので、代替え品としてはあまり勧めません。

水道水が無く、手近にウォッシャー液を販売していない時にコンビニで代わりになる液体を探した時がありますが、ミネラルウォーターですと水としては割高なので、税抜100円で販売している紙パック1Lのウーロン茶を入れた事があります。

一番ウォッシャー液が必要なのは豪雪時

代替品など一切考えず、とにかくウォッシャー液、それも多少値が張っても状況に対応した専用品を何としても入れるべきというシチュエーションは、やはり冬の豪雪時です。スノーブレード(冬用ワイパー)等の装備はもちろんですが、冬の豪雪時はガラスに着雪した雪が、拭き取っても剥がれずそのまま凍ります。

拭き取られて集められ、凍った雪は車内からヒーターの温風を当てても、溶けるスピードより集まって固まるスピードが上回るのです。その固まった雪が氷となり、次第に大きくなって、最後にはワイパーが動いているのに視界が塞がれれば運転どころではありません。

そこで不可欠なのが解氷仕様のウォッシャーで、解氷スプレーと同じ「エチレングリコール」や「イソプロピルアルコール」が含まれていますので、ワイパーによる除雪と、ウォッシャー液による融雪の二段構えで視界の悪化を防ぎます。

簡単に止まれるような場所であれば、フロントガラスの視界が悪化してから停車して雪を剥ぎ取ったり、解氷スプレーで溶かす事もできますが、高速道路上など容易に停車できない場所では解氷ウォッシャー液の有無は死活要素とも言えるのです。

大抵の場合、その成分にはフロントガラスへの撥水効果のある添加剤も含まれていて、雪が降り出したら噴射・緊急ガラスコーティングを行う事で最初から着雪しにくくなりますから、降雪が予想される場合は必ず事前に解氷ウォッシャー液を満タン補充した上に、予備のボトルも積んで出発しましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事