マークⅡの海外仕様車「クレシーダ」とはどんな車だったのか?

日本の人気車マークⅡは海を渡っていた

マークⅡ、クレスタといえば日本における上級セダンとして人気の高い銘柄でしたが、意外にもこのクルマ、海を渡って海外でも活躍していました。しかも日本からの輸出のみならずアフリカ大陸での現地生産などもさかんに行なわれて、北米をメインに、時に欧州でも販売されていたといいますからちょっと驚きです。

初代のクレシーダは30/40型をベースにしたもので、もちろん左ハンドル化に加え、現地の法規に則った専用大型バンパーや車幅灯を装着。日本で走るマークⅡとはちょっと異なった雰囲気を身に纏っているクレシーダでした。

エンジンは4M型2.6リッター直列6気筒をメインに、18R型2リッター直列4気筒を載せたモデルも展開されていたそうです。

二代目はセダン、ワゴンがメイン

二代目クレシーダからは日本同様2ドアハードトップが消滅し、セダンとワゴンのみという構成となりました。日本にあった4ドアハードトップは導入されず、正統なセダンとして展開されていたということがわかります。スタイリングはよりエッジの効いたスクエアなデザインで、どこかアメリカ車をイメージさせるところがあります。

搭載されるエンジンも直列6気筒がメインに。排気量は2.8リッターの5M系。ちょうど上級車種であるクラウンやソアラ、セリカXXなどに搭載されたツインカムの5M-GEや国内マークⅡにもあったシングルカムの5M-Eが載せられていたようです。

三代目はハードトップ復活、エンジンは3リッターも

三代目クレシーダ X70系は日本でおなじみの五代目マークⅡ。バブル期にハイソカーとして人気を博したあのモデルです。

この代からは4ドアハードトップが追加されました。ただし国によってそのラインナップは異なり、北米とヨーロッパではセダンとワゴン、中東などではそれに加えて4ドアハードトップという組み合わせ。オーストラリアはセダンのみでした。

三代目のエンジンラインナップは4気筒1800から最大で6気筒3リッターまで用意され、かなりワイドなバリエーションが展開されていた模様。日本におけるツインターボエンジンこそありませんでしたが、数多くのバリエーションが設定されていたようです。

次ページ北米から最高級車種と名高い 4代目クレシーダ とは!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事