熱湯をかけるのはNG?車のフロントガラスが凍ってしまったらどうすれば良い?

凍結防止シートを使用

フロントガラス

安価で確実に凍結防止ができるのがこのタイプです。冬場は毎日のように雪が降ってフロントガラスが凍るような地域にユーザーが多いようです。カー用品店にも売っていますが、インターネットでも販売されており、いずれも1,000~2,000円台前半というお手頃価格。

装着方法は、ドアミラーにひっかけたり、ドアに挟んだり、またマグネットで固定するものなど簡単につけられるものが基本です。冬だけではなく、真夏の暑さから車内を守るためにも使用可能。車に合わせてサイズを選べるものもありますが、フロントガラスを完全に覆う方がより確実です。

しかし、隙間が多いと風の強い地域ではバタついて飛んで行ってしまうかもしれません。使う場所とクルマの大きさを考えて、より強固に密着できるサイズを選びましょう。

フロントガラスをキレイにして撥水コートをしておく

ヴェゼル フロントガラス

これも予防になりますが、フロントガラスが汚れていると凍結しやすいそうです。そのため、フロントガラスは常にキレイにしておくことをオススメします。

ガラコやレインXなど撥水コートをしておくと、霜や着氷を予防することができます。また、先に紹介した解氷スプレーを前の晩にかけておくことも、凍結防止になります。

解氷スプレーを使う

最も簡単ですぐに効果が出るのが解氷スプレー。アルコールを主成分とし1本数百円程度で効果は絶大。ほとんど雪が降らない地域でも1本常備しておけば安心です。

ただし、厳寒地での使用はイマイチのようですので、あまりお勧めできません。解氷スプレーも様々な種類がありますが、スクレイパー付きのものが便利です。スプレをーかけながらスクレイパーで削り取るように氷を取り除くとスピードアップします。

またフロントガラスの解氷に「酢」を使うとよいという意見もあります。前の晩からスプレーするのもオススメだそうですが、酢は酸なのでスチールを錆びさせる危険性もあります。応急処置的には良いかもしれませんが、日常的に酢を振りかけるのはあまりお勧めできません。

スクレイパーやスノーブラシを使う

解氷スプレーなどと一緒に使うのがオススメです。スクレイパーとは、フロントガラスについてしまった霜や氷をガリガリ削り取るものです。最近では100円ショップでも販売されているので、一つ備えておくとよいでしょう。

スノーブラシとセットされているものや、解氷スプレーのフタ部分がスクレイパーになっているものもあります。ガリガリ削ってガラスにキズが付くのでは…と思われる方もおられるかもしれませんが、ガラスより柔らかいプラスチック製なので、スクレイパーで傷がつくことはありません。

キズが付くとすればフロントガラスについた砂や汚れによるものがほとんど。スクレイパーを安心して使うためにも、やはりフロントガラスはキレイに保ちましょう。

お湯をかけても大丈夫?

お湯

氷にお湯を掛ければアッという間に解けるのでは…。確かにそうなのですが、お湯をかけるなら40度以下を厳守しましょう。熱湯は絶対にNG。 沸騰しているお湯をそのままフロントガラスにかけると、熱膨張によりガラスが割れてしまうことがあるからです。

特に、飛び石などで小さい亀裂やキズがあるようなフロントガラスは絶対に熱湯を使ってはいけません。その亀裂が熱膨張によりフロントガラス全体に広がってしまう危険があります。

また、ぬるま湯なら大丈夫ですが、マイナス10度以下の厳寒地ではぬるま湯もすぐに凍ってしまい、またすぐ氷の膜ができてしまう場合があります。このような場所では、ぬるま湯でさえもNGですね。

熱湯をかけてフロントガラスが割れたらホントに大変…気を付けましょう。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事