フロントに付けている人が多いドライブレコーダー…車のリアにも取り付けて大丈夫?

結論としては…

こうした観点から結論をまとめると、
「リアへのドライブレコーダーの取り付け自体は違法性はないが、撮影した内容の使用方法によっては法に抵触する可能性がある」
といった解釈となりそうです。

事故の際の証拠として重要になるドライブレコーダー。もちろんその為の使用であればなんら問題ありませんが、フロント部であれリア部であれ、プライバシーの侵害など、道徳的に問題のある使い方は絶対に避ける必要があります。

現在ではドラレコのみならず、撮影したデータをYouTubeやSNSに簡単にアップロードする事が可能ですよね。勿論それは便利な事ではありますが、同時に「世界中の人間が目にする事が出来る」という事も絶対に忘れてはなりません。最近でも飲食店やコンビニの従業員が「不適切な発信」をして大問題になる、といった事件も多く起きています。

交通社会には明確な「ルール」があり、これを皆で(パーフェクトではなくとも)守る事で交通が守られているといえますよね。これと同じで、ネット社会でも「ルール」をきっちり守らないと大問題になってしまいますし、他人を傷つける事にも繋がります。ドラレコは非常に有用なパーツですが、そのデータは慎重に扱う必要がある、という事ですね。

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事

    アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives