かつて流行したターボタイマー…スーパーチャージャーの場合はアフターアイドルは必要?

アフターアイドリングの意義とは…?

現在、ダウンサイジングエンジンが主流ともなっており、第二次ターボブームといって良い状況が起きています。ひとつ違うのは、かつては「パワー競争」の為の機構だったのが、「環境性能」の為のものに成熟している、という点。

それはさておき、80年代にターボ車が続々登場してから、アフターマーケットパーツの「ターボタイマー」が流行しました。今でも中古で古いターボ車を買うと、その名残りで付いていたりします。このターボタイマーは、キーをOFFにしてから作動し、任意でエンジンオフの時間を延長するもの。30秒~数分、といった具合に設定し、すぐにエンジンが停止しないようにするアイテムというわけです。

この意義というのは、ターボ車のタービンに起因します。ご存じのように、ターボ車のタービンは排気ガスの圧力により回転し、吸気を助ける事により「仮想排気量がUP」する機構です。とにかく、走行中、また排気圧力が上がればこの回転数も当然上がり、数万回転から数十万回転まで回転するパーツ。また排気を利用していますから、当然「熱によって温められる」パーツなのです。

このタービンシャフトを潤滑・冷却しているのがエンジンオイル。だからこそ、ターボ車のオイルは10w30以上の(高温に強い)硬いオイルを推奨されるケースが多いですよね。またNA車と比較しても早めのオイル交換を推奨しているのは、こうした環境下での使用になるため、オイルの劣化が早まる、といった理由もあります。

さて、このタービンシャフトを動かしているのは「ベアリング」です。エンジンを切ってもこのシャフトは動き続けていますが、オイル供給がストップしてしまいますので、タービン周辺のオイルの劣化が起き、スラッジ(鉄粉など含んで泥状になったオイルのごみです)が発生しやすい状況になります。これが増えるとタービンの運動を阻害し、焼き付きの原因となってしまうというわけです。

こうした状況を防ぐ為に用意されたのがアフターアイドリングを可能とする「ターボタイマー」です。

次ページアフターアイドルは必要なのか!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事