キドニーグリルからビートルまで…中国メーカーが発表した、どこかで見たことがある?車達

ポルシェとフェラーリを半分ずつパクる

今年4月開催の上海モーターショー2015に出店された、イーグル・キャリーです。

「Z34フェアレディZのバルクヘッドから前にフェラーリF12を、ドアから後ろにはポルシェ・ケイマンをつなげたような」何かチグハグな感がありますが、立派なミッドシップスポーツカーのようです。中国の場合は単純に車を丸一台似せるのではなく、フロントとリアを別な車から持ってくる事はよくあるので、「頭隠して尻隠さず」のこのような車は一時期非常に多かったものでした。

イーグルは上海の隣、蘇州にある自動車メーカーです。1999年から電気自動車を作っていてEVではそれなりに知られているメーカーらしいのですが、通常エンジンの自動車も作っているようで、2010年の北京モーターショーでは「GS」という、やはり色々混ざったようなクーペを出展していました。

上海モーターショー2015には、やはりオリジナルよりは…という事で、今回思い切って有名どころをパクってきたのかもしれません。

キドニーグリルを装着した不審な1BOX車

スズキ・エブリィにBMWのキドニーグリルをつけたような不審な車は、中国の大手自動車メーカー「東風汽車」グループの小型商用車部門「DFSK」が販売している小型1BOXカーです。何と「ロードホッパー」の名前でイギリスとアイルランドなどに輸出もしているようで、排ガス規制もユーロ5基準をクリアしているとの事でした。

ベースとなっている「ビッグキャブ」という小型トラック(下の画像)があるのですが、これもスズキ・キャリィにそっくりで、エンジンは「ロードホッパー」「ビッグキャブ」ともに1310ccエンジンを搭載しています。

次ページ中国メーカーのパクリ怪進撃はまだ止まらない!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事