マカン、カイエン…なぜポルシェのSUVは売れ続けるのか?

ポルシェのSUV

ポルシェ カイエン
カイエン

ポルシェから販売されるSUVは、カイエンとマカンの2車種です。

ポルシェ・カイエンは2002年に発売されたポルシェ初のSUVです。

発表当時は、スポーツクーペを専門に造っていたポルシェからSUVということで、驚きと、戸惑いに似た声もありましたが、いざ発売されてみると、大ヒットという結果でした。

フォルクスワーゲン社からの技術の供与もあり、同社のSUVであるトゥアレグとプラットフォームが共通になっています。

ポルシェ マカン
マカン

ポルシェ・マカンは2014年と、ごく最近に発売された、ポルシェの2つ目のSUVであり、カイエンよりも若干サイズの小さいSUVとして開発されました。

プラットフォームは、同じフォルクスワーゲングループのアウディQ5と一部を共用しています。その一回り小さいサイズから、カイエンの弟分として位置づけられることの多く、BMW X3、アウディQ5、ボルボXC60等と似たサイズです。

小型であるために、街のりでの取り回しが良く、サイズ的な面でも好評を得ています。

しかし、両車とも、フォルクスワーゲングループのSUV車種とプラットフォームを共用しており、エンジンなどの違いはありますが、こうしたフォルクスワーゲンやアウディのSUVと、本質的には似ている車と捉えることもできます。

ポルシェのSUVはこうした同じグループのSUVに比べて強気の価格設定となっているにもかかわらず、人気は衰えることを知らず、増すばかりです。どうしてこのようなことが起こるのでしょう。

理由その1:ポルシェのブランドイメージを受け継ぐことに成功した

ポルシェのSUVの最大の特徴はそのデザインでしょう。カイエンにしてもマカンにしてもその外観のモチーフは明らかに同社の中心的な存在である、ポルシェ・911のものです。一目ですぐにポルシェの車である、と分かる外観によるブランド戦略が大いに功を奏したと言えます。

この戦略ですが、車が外観だけのハリボテであったならば、早い段階でその化けの皮が剥がれ陳腐化したことでしょう。しかしポルシェはこうしたSUVに、2トンを超える重量であるにもかかわらず、0~100km/h加速で4.4秒を記録するなど、スポーツカーに匹敵する性能を与えたのです。

スポーツカー並みの性能を与えることで、老舗のスポーツカーブランドであるポルシェとして恥ずかしくない車、ポルシェらしいスポーツカー的性能を持ったSUVとして確立したのです。代々のコンセプトを引き継いだ「本物」の車であるからこそ、マカン、カイエンは誰が見てもポルシェと分かるのです。

理由その2:実はオフロード性能も比較的高い

ポルシェのSUVは明らかにオンロード向けのモノコック構造を持ったSUVであり、本格的なクロスカントリー車のようなラダーフレーム構造ではありません。また、悪路に強いリジットサスを持っているわけでもありません。

しかし、PTM(ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム)と呼ばれる駆動システムにより、駆動輪に最適なトルクを配分し、写真のような悪路走行も可能となっているのです。

オンロードを重視したSUVにおいて、4WDは簡素なものを搭載する傾向があります。しかし、ポルシェは悪路走破性にも抜かりなく走れる機能を取り入れることにより、ポルシェが高性能なのはオンロードだけではない、という印象を与える事に成功しました。

理由その3:価格

カイエンやマカンの価格はお世辞にも安いとは言えません。

カイエンは最安でも800万円台後半、マカンも600万円台からです。しかし、同社の一般的なスポーツカーである911が1200万円であることを考えると、実はポルシェのラインアップの中だけで考えれば比較的安いのです。

911よりもはるかに安い値段で高性能なポルシェブランドの大きなSUVが手に入る、というように考えると実はおトクだったりするのです。

以上のことから、ポルシェが売れる理由は、そのブランドイメージが基本となりつつも、それに加えて、ポルシェらしい高性能という要素が相乗効果でその魅力を高めているように見えます。

見た目のイメージと、それに裏打ちされた高性能。更に加えて、ブランドイメージ、価格、これがポルシェのSUVの魅力となっているのです。

ポルシェを変え、"最強のSUV"と謳われたカイエンの実力は
ポルシェの新星マカン!カイエンとはどう違うのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事