2016年3月頃に公開か?BMW の7人乗りSUV「グランドX1」はどんな車になる?

BMW X1にロングボディモデルが追加予定

10月にフルモデルチェンジしたばかりのBMWのコンパクトクロスオーバーSUV X1。その新型モデルのX1に、3列7人乗りロングボディモデルの「グランドX1」が投入されることが判明しました。「グランドX1」について述べる前に、まずはフルモデルチェンジした新型X1について見てみましょう。

今回フルモデルチェンジとなったX1は2代目モデルとなり、初代X1は、BMWのクロスオーバーSUVシリーズである「Xモデル」のX5、X3、X6に続く4つめのモデルとして誕生しました。Xシリーズとしては、最小クラスで各面含めエントリーモデルの位置付けとなります。そして、X1は世界中で70万台以上の販売実績を持っている人気モデルでもあります。

2代目モデルの特徴としては、ボディサイズの拡大による居住性と実用性を高めたことと、2シリーズのアクティブツアラーやグランツアラーなどと共用するFFプラットフォームを採用したことが大きいかと思います。まずボディサイズは、全長4455mm(先代比-30mm )×全幅1820mm(先代比+20mm)×全高1610mm(先代比+35mm)と全長は30mm短くなったものの、よりワイドで全高も増しています。

また、後席ニールームを+66mm、ラゲッジルーム容量も+85Lの505Lを確保しています。他には、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告機能)、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキの3つの機能を備える「ドライビング・アシスト」を標準装備とし、安全システムや運転サポート機能をより充実させています。

搭載されるエンジンは1.5L直列3気筒DOHCターボと、2タイプある2.0L直列4気筒DOHCターボが設定され、トランスミッションは1.5Lが6速AT、2.0Lが8速ATと組み合わされます。JC08モード燃費は、14.3 km/L (xDrive25i)~14.6 km/L (xDrive20i)。車両本体価格は、sDrive18iの385万円(税込)~となっています。

「グランドX1」とは?

それでは、「グランドX1」について見ていきましょう。先にも書いたとおり、「グランドX1」はX1の3列7人乗りロングボディモデルとなります。ちょうど2シリーズの「アクティブツアラー」に対する「グランツアラー」の位置付けと同じになるでしょうか。2シリーズ同様、全長が20cmほど延長され、それに伴いホイールベースも延長されるようです。全高については、スパイショットによるとX1同等?という印象。

ルーフエンドの形状はX1より傾斜がついて、少々丸みを帯びている気がします。パワーユニットにはX1同様の2リットル直4ターボの他にプラグインハイブリッドシステムが搭載されるようです。

次ページBMW グランドX1のターゲットは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事