車のホイールコーティングはした方が良い?そのメリットは?

一番傷つきやすい部品

ホイール

自動車は置物ではないので、走らなければ意味がありません。しかし、走らせれば傷つくもの。傷がつきやすい部品として挙げられるのは、フロントバンパーやヘッドライト周り、ボンネット、そしてホイールです。

車のフロント周りは、どうしても前走車が跳ね上げた小石などが飛んでくるため、傷つきやすい場所です。

次に傷つきやすいのがホイール。路面に非常に近いところにあるうえ、自車の走行によって跳ね上げた小石や砂などがホイールに傷をつけてくれます。

また、自動車の排気ガス中にはの油分が少なからず含まれており、雨が降ると路面から油分が染み出ることも。当然ですが、ホイールはその油分もかぶっており、放置すると表面に施された塗装や被膜の劣化につながります。

そこで必要なのがホイールコーティング

そこで注目したいのが、ホイールコーティングです。

ボディコーティング同様、ホイールの表面に薄い皮膜を形成し、汚れを防ぎ洗車を容易にしてくれるホイールコーティングは、小石や砂による細かな傷はもちろん、ブレーキダストや油汚れをつきにくくして、ホイールを守ってくれます。

コーティング自体はボディコーティングなどと同じで決して難しいものではなく、比較的簡単に施工可能。DIYで施工できるコーティングもありますので、新車のうちに、あるいはホイール購入後、時間の経たないうちにコーティングしてしまうのがお勧めです。

洗車が楽!

ホイール

なんといっても洗車が楽になる事です。傷だけでなく、汚れも付きやすいホイールですが、コーティングをすることにより、より少ない水の量で洗車する事が可能。ホイールの奥にはブレーキなどもありますので、あまりジャブジャブと水をかけて洗うのは良いとは言えません。

しかし、こちらは軽く水を流して汚れを浮かせ、後はウエスで拭いてあげれば綺麗になります。お手入れが楽になるので、気になる汚れはすぐに掃除できるのもメリットですね。また、雨水が付いても撥水効果を発揮してくれるものもあるので、そもそも汚れが付きにくい、というメリットも。

欧州車にありがちなブレーキダスト問題

欧州車のブレーキは非常に効きがいい、と言われますが、効きがいい反面ダストが多いのが特徴です。ブレーキダストと効きの問題はやはり比例してしまうものです。特にドイツ車は非常に顕著。ドイツ車に乗っていた方は、経験のある方も多いと思いますが、ちょっと旅行に行って帰ってくるだけでホイールまっくろ…と言う事もあるでしょう。これに雨が加わるとさらにひどく、ホイールの汚れから目を背けたいほど。

さらに、複雑なデザインのホイールは、なかなか手の入りにくいところに限ってブレーキダストが溜まってしまい、なかなか汚れが落ちない、というケースも。

しかし、コーティングをしておくことでさっと水洗いでも綺麗にダストを落とせるようになります。高圧洗浄機やスチームなどを使う手もありますが、時間も手間もかかるもの。コーティングだけで簡単に落とせるのは良いですね。

自動車の足元を支えるタイヤ・ホイール。ドレスアップは足元から。何よりも先ににホイール交換やインチアップをする人も多いかと思いますが、安くなってきたとはいえ、ホイール交換は割と一念発起。大切なアルミホイールをいつまでもきれいに保つためにも、ホイールコーティングをしておきたいですね。ホイールの内側もコーティングすることもお勧め。

まずはカーショップなどで売っているコーティング剤を使ってDIYをしてみるのも良いかもしれません。

車のアルミホイールを上手く塗装する方法とは?
意外や意外、見逃していませんか?スチールホイールのメリット!
洗車の際にホイールの内側も洗うべきなのか?
重量や強度が異なる!ホイールの"スポーク式"、”メッシュ式”、”ディッシュ式”の特徴とは?

この記事をシェアする

最新記事