Mシリーズで登場したBMWの高級SUV…X5MとX6Mの違いは?

二代目となるBMW X5M・X6M

初代のX5M、X6Mは2009年に投入されました。X5自体は2000年にデビューしており、2007年のフルモデルチェンジ後の二代目からMシリーズが投入されています。高級SUVの高い人気とニーズから、「勝機あり」としたと考えられますし、上位セグメントのX6の投入もそれを物語っているといえます。

X5M、X6Mともに共通のエンジンを搭載していますが、いずれもM社によるチューニングにより、極めて優れたスペックを叩きだしています。

エンジン:V型8気筒DOHC
総排気量(cc):4,394
最高出力(kW〔ps〕/rpm(EEC)):423〔575PS〕/6,000rpm
最大トルク(Nm〔kgm〕/rpm(EEC)):750〔76.5kgm〕/2,200-5,000rpm
0-100km/h加速性能(秒):4.2秒
※BMW公式HPより抜粋

出力は前モデル比+18馬力、トルクは+7.2kgmというパワーアップを果たしています。また驚くべきは、出力を向上させながら環境性能も約20%の向上を実現させ、燃費も9.0km/L(+1.8km/L)前モデルを上回っているのです。

これは高精度ダイレクト・インジェクション・システムを導入したことや、8速 M スポーツ・トランスミッション、また30kgのボディ軽量化があいまった結果といえそうです。プライスタグが1500万円を超えるクルマではありますが、環境性能を重んじ、また長距離走行が必要となる欧州などの地域では歓迎すべき改善だといえます。

それにしても2トンを優に超える車体で、0-100km加速が4.2秒というのは凄まじいスペックです…。

次ページX5MとX6Mの違いは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事