オーバーフェンダーやチンスポイラー…昭和らしいカスタムが似合う初代フェアレディZ S30

初代フェアレディZ S30のデザインの魅力

フェアレディZ 初代 S30

世代を同じくするハコスカやRX-3、ダルマセリカといった昭和の名車たちの中で、この車は違った雰囲気を放ちます。初代フェアレディZとなるS30。貴婦人の名を冠する初代のモデルはロングノーズ・ショートデッキといういかにもスポーツカーらしいスタイリング。

デザインコンセプトになったと言われる稀代の名車ジャガー・Eタイプのシルエットを踏襲するS30はフェアレディという名にふさわしい美しいシルエットであると言えます。

GT-R神話が始まる中、フェアレディZの歴史もここから始まったのです。それでは貴婦人がレーシングの装いを身に着けるまでの過程を見ていきましょう。

オーバーフェンダーの迫力

現行モデルのフェアレディZ34のリアビューは、ポルシェと見間違うほどのワイドなリアフェンダーでとても迫力があります。

もともとフェンダーを張り出すことは太いタイヤをおさめるための行為でしたが、近年の新車は車の性能も高くなっているせいか純正でフェンダーを張り出し状態の車が多いようです。これをブリスターフェンダーと呼ぶのに対し、後からフェンダーに拡大部品を取り付けたものをオーバーフェンダーと呼びます。

もちろん板金塗装を施してフェンダーと一体化させれば、スタイリングも良くなり仕上がりも綺麗です。溶接してしまえば脱落の可能性もなくなるでしょう。しかし、いかにも「後から付けてる」感が溢れていることがオーバーフェンダーの魅力。

リペット留め仕上げなどで、あからさまに加工したことを訴えてくるデザインは無骨そのものです。

次ページ昭和のエアロスタイル「チンスポ」

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事