WRXの「S4」と「STi」で搭載されているエンジンが違う理由とは?

明確な棲み分けを同一銘柄に実施

このようにしてみてみると、様々な事情や要望、ニーズからWRXというクルマが二分化されているという状況が見て取れると思います。以前はスポーツカーというのは「初志貫徹」みたいなところがあって、ブレないことこそ正義というような考えもありましたが、WRXのように顧客層も広く、また、さらに広げるためにもこうした色分けのようなことを効果的に施すということもひとつの戦略です。

大人のユーザーが乗っても恥ずかしくない、あるいは気持ちよく自分に心地の良い性能を味わえるスポーツカー「S4」と、究極的にスポーツ性能を追求した「STi」。この二者が存在することでWRXというクルマは裾野を広げ、より深くユーザーに浸透しているようで、それは売れ行きにもそのまま好影響を与えているようです。

例えばエンジン形式だけではない、車体や足回りに至るまでの細部の調整を事細かに行うというのは、いうなれば開発費用はその分割増しになってかかることを意味しています。しかし敢えてそれをしてでもこのクルマの値打ちを高め、新たな鉱脈を掘り当てるという自信のほどがスバルにはあったということでしょう。その意味で、長年この分野で作り続けてきたベテランとしての誇りとも言うべきかもしれません。

お好みにより選べるふたつのWRX…あなたならどちらを選択しますか?


<前田恵之進>

WRXの画像ギャラリー

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives