WRXの「S4」と「STi」で搭載されているエンジンが違う理由とは?

本格スポーツを目指すWRX STi

以前は通常のWRXに対して限定車とか特別仕様車的な存在として君臨したのがこのSTiというネーミングですが、もはやカタログ上のレギュラーメンバーとなった感もありますよね。これもやはり、S4のオールマイティ路線に対してスポーツ色という色合いをより濃厚なものとするためのコントラストということなのでしょう。

より本格的な走り、もっといえば、ランエボなどとも方を並べ抜き去るべく作られたコンペディションカーというわけです。

6段マニュアルに強化されたボディ、足廻り、大型ウイングなどなど、このクルマは従来からのスポーツイメージを持つWRXの行き方をそのまま延伸させたようなクルマ。スバルとしても胸を張れる頂点のスポーツマシーンとして位置づけているということでしょう。

伝統のEJ20型エンジン

WRX STiに搭載されるのはあの初代レガシィから脈々と受け継がれてきたEJ20型エンジン。とはいえ、途中何度も改良が入るなどして初期のものとはまったく別物と呼んでもいいような出来になってはいます。

スペックは308PS/6400rpmと43.0kgf・m/4400rpmのパワートルク。馬力の数値的にはやや飛び出ているというくらいの印象かもしれませんが、その発生回転数は6400rpmと高回転型です。より高いレベルで高いパワーを発揮できるようになっている、もっというなら、マニュアルギアボックスに適したチューニングを施されているという認識でいいと思います。

実際にこのエンジンは、もちろん現代のエンジンですから低中速域でも十分に柔軟性がありますが、より「回して」こそ刺激性の高まるエンジン。ターボの爆発力もあいまって、よりトバしたくなる仕様になっているというわけです。より楽しめるエンジンになっています。

次ページ棲み分け、色分けの意義とは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives