実は石油が毎年増えているって本当?今後のガソリン車はどうなる?

エコカーは本当にエコなのか?

三菱 i-MiEV

こうしてみると次世代自動車の普及というのは、案外ペースが遅い気がしてしまいます。

FCVは、インフラの整備や車両自体のコストの面で、簡単には普及させることができません。そこまで苦労して普及させたい理由は何なのでしょうか。

その根本には、脱石油燃料によるエコ意識というものがあるかと思いますが、次世代車両は本当の意味でエコなのでしょうか?少々乱暴ではあるかもしれませんが、エコであることの1つの指標としてCO2排出量を基準に考えてみましょう。

まずHVですが、こちらは基本的にガソリン車の燃費改善を、モーターを併用することで行うものになりますので、走行時のCO2排出量は燃費の改善に比例して少なくなります。単純に燃費性能が向上すればするほど環境負荷が下がり、お財布にも優しいということになります。これは純粋なガソリン車やCDVでも同じことですね。

続いてEVです。EVはゼロエミッションビークルなどとも呼ばれ、基本的に走行時にCO2を排出しませんが、CO2排出という点で本当に環境負荷は無いのでしょうか?なかなか皆さんも改めて考える機会は少ないかと思いますが、EVを走らせるための電気は発電所で作られています。

なかでも火力発電は、石炭、重油、原油、LNG等をおもに使用していますので、EVでも走行をするためには間接的にCO2排出をしているわけです。そして、その電気を発電するための方式によってEVの環境負荷は大きく変わってしまいます。

東日本大震災以前は、電力の約30%を原子力発電が、約60%を火力発電が担っていました。しかし、震災以降はそれが一変します。2014年には原子力発電はほぼ0、火力発電が約90%という状況です。

したがって荒っぽい計算をすれば、同じ1kWhの電力を作るのにCO2排出量は約1.5倍になってしまいました。この現状でざっと計算すると、CO2排出量は代表的なEVとHVで1~2割しか違わない可能性が高くなります。

EVはその時の電力供給環境によって、エコロジー度が大きく左右されてしまうのです。

最後にFCVです。現時点ではもっともクリーンというイメージがもたれていますが、こちらは水素精製の過程で石油資源が使用されるうえ、まだまだ普及段階にないため、ライフサイクル全体での正確なCO2排出量などは未知数です。

次ページガソリン車の将来は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives