ディーゼルエンジン車のブレーキが重く感じる理由とは?

ディーゼル車のブレーキが重い!

メルセデス ディーゼルエンジン

以前、とある会社で車両の配車担当をしていた時に、「自分が割り当てられた車のブレーキの効きが悪い」と相談された事があります。確認すると、その人への割り当てはディーゼルエンジンを搭載した国産のライトバンでした。

早速、実際に効きが悪いかどうか試乗させてもらうと、ブレーキペダルが重めでしっかり踏み込めば効き自体には問題ありません。同車種のガソリンエンジンと同じ感覚でブレーキを踏んでいたので、効きが悪いと錯覚したのだと思い、少し強めに、気持ち早めに踏めば大丈夫ですよとアドバイスしました。実はディーゼルエンジン車とガソリンエンジン車ではブレーキブースターの方式が違うので、慣れない人だとフィーリングの違いに戸惑う人も多いようなのです。

ガソリン車のブレーキブースター

ガソリンエンジンのみで走る車の場合、もっとも多い方式がエンジンのスロットルバルブの開閉により、インテークマニホールド内に生じる負圧吸(気管圧力)を利用した真空式ブレーキブースターです。

簡単な構造図は画像を参照してください。構造としては、ブレーキブースター内でインテークマニホールドから接続され、負圧になっている二つのチャンバー(気室)があります。ブレーキペダルを踏むと、そのチャンバーの片方に大気圧が導入される事で二つのチャンバーの間に気圧差が生じ、大気圧が導入された方が、負圧のままの方を押し込む力が、ブレーキブースターの力となっています。

この方式が、ガソリンエンジンしか乗らない人にとっての「ブレーキフィーリング」として染み付いているという事です。ディーゼルエンジン車や一部の直噴ガソリン車のようにスロットルバルブを持たないため、インテークマニホールド内の負圧が小さいものや、そもそも負圧の生じる余地が無い電気自動車、それにハイブリッド車のEVモードでは、また別な方式が使われます。その方式の差がそのままブレーキフィーリングの差に繋がっているというわけです。

次ページガソリン車とは大きく異なる、ディーゼル車などのブレーキ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事