クラウンは今でも「いつかはクラウン」なのか?"国産高級車"レクサスとの立ち位置の違い

変質してきているクラウンの「立ち位置」

クラウンはトヨタ自動車、ひいては日本を代表する車種のひとつであり、同社の量販車種の中でも最上級モデルとして君臨してきました。有名な「いつかはクラウン」というキャッチコピーは1983年の7代目の発表時に用いられたフレーズです。日本人にとっては刷り込みとして高級車像「クラウン」があるといえます。実際に官公庁や企業等に導入されるケースも多いのが事実。

1955年の初代モデルからFR駆動レイアウトをとっており、また直6エンジンは1965年の2代目から投入されており、モデルチェンジ後も直6エンジンを主軸の置く展開をしています。

さて、2015年現在、ダウンサイジングが一般的なものとして市場に受け入れられ、その根拠となる環境性能=燃費性能が重視されています。かつては「車格」「排気量」というものがクルマのヒエラルキーとして重視されてきました。そうした価値観は大きく変化しているのが現在の市場意識と考えます。また同じトヨタ内でも高級ブランド「レクサス」が展開10年を迎え、これもブランディングが定着してきています。

そんな中でクラウンの立ち位置は難しくなってきている、と考えるところ…。

衝撃的だった「Re Born」クラウン

reborn

2012年にデビューとなる現在のクラウンは「14代目」となります。しかしそのデビューは衝撃的でした。ドラえもんとのタイアップTV-CMに登場した「ピンク」のクラウン。これは誰しもCM用の車両と思った事でしょう。高級車であり、「重厚さ」を求められるクラウンのかつてのブランディングからは考えられない展開だからです。

しかし、これをトヨタは期間限定で販売すると発表。これをトヨタの「迷走」と取るか「意気込み」と取るかは受け止める方次第ですが、実際すぐに650台の受注があったそうです。また半分近くが企業の受注だったのだとか。確かに社用車であればインパクトありますよね…。ドラえもんの「どこでもドア」を意図したイメージ、というのも「柔らかさ」が出たポイントといえそうです。

とにかく「クラウン」と聞いて真っ先にイメージしてしまいますから、先代以前のモデルよりもプロモーション、マーケティング的には成功を収めたと考えます。

次ページクラウンにも押し寄せるダウンサイジングの波…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事