普通免許で乗れる! ハーレーダビッドソン「トライグライド ウルトラ」

「トライグライド ウルトラ」のウルトラなところ

「トライグライド ウルトラ」は道路交通法上では普通自動車に区分されるので、普通自動車のMT免許があれば運転できます!三輪なので停止時や低速時などの転倒の不安がなく、電動のバック機能が付いているため駐車も楽々です。車庫証明もいらず、有料道路の料金区分は「軽自動車」のカテゴリーに含まれます!まさに名前に恥じないウルトラなバイクです。

「トライグライド ウルトラ」のウルトラな数値

排気量1689ccの「トライグライド ウルトラ」の値段は約400万~となっています。高級車が買える値段ですよね?「こんなに高い三輪バイク売れるのか?」と思う方がいるかもしれませんが、実際に売れています!発売当初は供給が追いつかなかった程です。気になる(?)燃費ですが、15km/L辺りとのこと。お世辞にも燃費がいいとは言えませんが、ハーレーはカッコいいから許されます。

贅沢な乗り心地と大きな収納

トライグライド ウルトラは見た目のインパクトだけではありません。ツーリングのような長時間の運転に適した作りこみがされています。シートも高級仕様なので後ろに乗せる人もバイクとは思えないほどくつろげるのではないでしょうか?この辺りは三輪の安定性と相性が良さそうです。

バックには大きな収納スペースがあるため、ちょっと遠くにツーリングに行く際も困りません。

ウルトラゆえの難点・・・

多くのライダーの悩みはバイク置場です。サイズが大型ともなると、さらに困ってしまいます。トライグライド ウルトラは全長2670mm、全幅1390mm、全高1430mmです。このサイズのバイクの置き場所を確保できる人は中々いないかもしれません。特に、マンションやアパート暮らしの人にはかなり厳しいです。これらのバイク置場は自転車と一体型だったり、雨ざらしになっていたりして大事なハーレーを置くには不安です。



見た目も機能も常識破りなトライグライド ウルトラ、いかがだったでしょうか?置き場所の確保の難しさという欠点はありますが、それを差し引いても非常に魅力的なバイクです。大型バイクなのに普通自動車の免許で乗れる、バイクなのに安定感バツグンなど今まで大型バイクに乗りたいけど乗れなかった人にこそ、このトライグライド ウルトラはおすすめです!

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事