驚きの再現度!? ドラマ「ナイトライダー」に登場したナイト2000の自作レプリカ…その正体とは?

日本でも放映された「ナイトライダー」

アメリカの特撮テレビドラマ、「ナイトライダー」をご存じでしょうか?アメリカでは1982年から1986年にかけて放映され、日本では1987年から1988年にかけてテレビ朝日系列で放送されました。

ストーリーは、ナイト財団の犯罪捜査員マイケル・ナイトが、人工知能や会話能力、防弾などの特殊装備を搭載したドリームカー、「ナイト2000」に乗って解決していく、というもの。ナイト2000は、GMのポンティアック・トランザムの3代目(1982年型)が使用されていました。Knight Industries Two Thousand(キット:K.I.T.T.)と呼ばれる人工知能が搭載されていますが、これはクルマと一心同体のものになっています。

主人公のマイケルが相棒であるナイト2000に向かい、「キット」と語りかける場面は、番組の重要な軸になっていました。

ナイトフラッシャーは日本でも人気に

ナイト2000のボディカラーは黒色でしたが、これは塗装ではなく、分子結合殻を組み込んだ特殊セラミックによりそう見えるもの、とされています。この素材により、拳銃の弾を受けた程度では傷すら付かないほどの耐弾・耐爆性があります。

特徴はボンネットとバンパーの間に埋め込まれた、点滅が左右に流れる赤い電球です。これはナイトフラッシャーというスキャナーのセンサー部分で、人工知能が周囲の状況を関知するのに使われます。ナイトライダーの放送後、日本でもこれと同じ電球を取り付けたクルマをしばしば見かけました。

ドラマ専用車らしい近未来のインテリア

車内に目を向けると、このクルマの特殊さが浮かび上がります。ステアリングは円形ではなく、飛行機の操縦桿のような形状でした。

ダッシュボードはフロントからセンターコンソールに向かって弧を描いていて、特殊装備のためのさまざまなスイッチや、ナイト財団の本部とのやり取りや、K.I.T.T.のカメラで捉えた画像を映し出すためのモニターが設置されていました。シートは明るいベージュ色で、黒色のボディに対して明るい印象でした。

次ページドラマの特装車のレプリカが存在する?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事