X3に搭載された"新4WDシステム"のすごさとは?

激戦区小型SUVカテゴリに投入されたBMWからの刺客

X3

BMW X3のデビューは2003年。上位車種のX5は文字通り「5シリーズ」のプラットフォームやパーツがベースになっているのと同様に、X3は当然というべきか、「3シリーズ」のプラットフォームがベースとなっています。エクステリアデザインもX5を踏襲したものとなっており、適度なボディサイズと走行性能によって、ユーザーからの大きな支持を得た一台です。

BMWは「SAV(Sport Activity Vehicle)」という造語を掲げ、スポーツ走行も楽しめるSUVとしてX3をマーケットに投入しました。欧州はもちろん、北米を中心に大ヒット、さらに小型のX1も2009年に投入したほどです。

X3

現在2代目となるBMW X3、パワーユニットも3.0L、2.5Lというラインナップから、3.0L、2.0Lとダウンサイジングも敢行、2012年には「xDrive28i」のエンジンが直列6気筒 3.0L 自然吸気エンジンから、245PS/35.7kgf·mを発揮する直列4気筒 2.0L 直噴ツインスクロールターボエンジンに刷新をしています。

熟成も進められている人気小型高級SUV、その人気の要因の一つとして、その4WDシステムをはじめとした走行性能が挙げられるでしょう。

次ページBMW X3に採用されたAWDシステム、「xドライブ」とは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事