過去の名車を再販する事は可能?人気の旧車がリメイクされない理由

現在人気の高まるヒストリックカー

フェアレディZ 初代 S30

国産車、欧州車問わずヒストリックカーの人気が高まっているといえます。都市部、地方でのヒストリックカーイベントも、愛車を展示するものから実際に走らせて腕を競うものまで、さまざまな形で楽しむことができます。

こうしたエンスーと言われる人々が、そうしたヒストリックカーにお金を投じている状況に、メーカーサイドはどういった思いでいるのでしょうか。考えてしまうところですよね。

もちろん、フェアレディZの現行モデルは存在しますし、ロングノーズショートデッキ、FR駆動といったフェアレディZのアイデンティティーは守られています。

また人気漫画やアニメの後押しもあって登場したトヨタ86の事例もあります。もちろんそれらは現代の車として、ふさわしい性能を与えられていますし、現在の状況においてスポーツカー好きには魅力的な選択肢となっています。

しかしそれでは満足できない、という方も多いのが事実でしょう…。

ヒストリックカーを愛する人に訴求できるクルマづくりとは…

ヒストリックカーを愛する理由はさまざまです。その方のノスタルジーもあるでしょうし、ワイヤーでつながったアクセル、キャブレター、電子制御のないアナログな感覚、またマフラーから排出されるオイルの臭いがいい、という方もいるでしょう。

こうした価値観と、常に先進・先端を目指すメーカーは、それぞれ相容れないものがある、といえるわけです。では過去のクルマをそのままリバイバル、ということはできないのでしょうか。

次ページ過去の名車を再販する事はできるのか?

この記事をシェアする

最新記事