「コンパクトセダンの刷新」がテーマの、ホンダグレイスの評価・燃費は?

ホンダ グレイスはどんな車?無限ハイブリッドが人気?

ホンダ グレイス

ホンダグレイスは、2014年12月1日にデビューしました。フィットアリア以来の、6年ぶりの新型の小型セダンです。

そのラインアップは最廉価グレードの「LX」以外は全てハイブリッド仕様というグレード構成になっており、フィットアリアのような小型セダンのボディを持ちつつも、以前販売されていたホンダのハイブリッド専用車「インサイト」の実質的な後継車種と言える車です。


ホンダ グレイス

グレイスは、同社のコンパクトカーであるフィットのプラットフォームを採用しているため、燃料タンクは前席の床下に位置する、センタータンクレイアウトです。

センタータンクレイアウトは車内の空間を広く使用できるという特徴があり、アッパーミドルセダンのような広い室内空間と、ハイブリッドシステム用のバッテリーを搭載しているとは思えないような広くて深いトランクスペースが確保されています。このトランクにはゴルフバッグ3つを積めるように、積利便性も高くなっています。

また、最も大きな特徴は、ハイブリッドセダンとしては珍しい、4WDの設定があるということです。ライバルとなるトヨタのプリウスはその全てがFFの2WD車ですから、寒冷地や雪国では、走行性能において、グレイスに圧倒的なアドバンテージが存在します。

グレイス

更に、特徴的なのはトランスミッションです。非ハイブリッドのガソリンエンジン車は一般的なCVTですが、ハイブリッド車には全てシーケンシャルマニュアルトランスミッションであるDCTが装備されています。

DCTはATのように扱えるクラッチ操作の要らないマニュアルトランスミッションです。オートマチック車やCVT車のようなトルクコンバーターが存在しないので、走行感覚にダイレクト感があり、その中でもHYBRID EXというグレードには、ハンドルにF1マシンのようなパドルシフトも装備され、見た目とは裏腹に、意外にも運転が楽しめる車であったりします。もちろんクラッチペダルの無い2ペダル車となるので、AT限定免許でも運転ができるので、免許の問題もないですね。

グレイスは一見、実用重視の小型セダンに見えますが、ホンダのチューニングパーツメーカーの無限でアフターパーツが開発されており、チューニングやドレスアップも楽しむことができます。無限のパーツを装着したコンプリートカーは無限ハイブリッド・グレイスと呼ばれ、人気を博しています。グレイスは他のハイブリッド車とは違い、ホンダらしいホットな一面も持っているのです。

ホンダ グレイスの燃費は?

ホンダグレイスの一番の注目ポイントである、燃費はどのようでしょうか。

・ 1.5Lガソリン車   131ps 燃費(JC08モード)19.4km/L~21.8km/L
・ 1.5Lハイブリッド車 110ps 燃費(JC08モード)29.4km/L~34.0km/L

カタログスペック的には実質的なインサイトの後継車種であるためか、燃費はインサイトの30.0km/Lを超えて34.0km/Lに達し、トヨタのプリウスの38.0km/Lに次ぐ数値であり、ホンダにおいては、最も低燃費をマークしています。ただ、4WDとなれば、走行時のフリクションはどうしても増えますから、燃費の悪化は避けられませんが、それでもグレイスはハイブリッドの4WD車で29.0km/Lの燃費をマークし、プリウスなどのハイブリッド車と比較しても全く見劣りしない燃費性能を発揮するようです。

以上のことから、グレイスは大変優秀なハイブリッド車ですが、どうも知名度的な面で、やや地味な存在になっている感があります。その一方で、ハイブリッド車であっても、燃費と、快適さと、運転の楽しさの3つの要素を同時に実現するという、今までのハイブリッド車では、余り無かったことを体現しつつある車でもあります。

とは言っても、グレイスは登場からまだ1年にも満たない車です。今後の展開に期待したい所ですね。

ホンダ グレイスの中古車価格は?

ホンダ グレイス

グレイスは2014年12月にデビュー。2015年10月現在でデビューから1年もたっていない車種であるため、中古車市場におけるグレイスの中古車の流通はかなり少ない状況です。全国的に見ても、グレイスの中古車は、200~300台しか流通していないようです。

中古の価格帯は170万~250万円程度であり、中古を買う場合であっても、諸費用込みで200万円程度の費用がかかると考えたほうが良いようです。
対して新車価格は非ハイブリッドの最廉価モデルである「LX」が175万円で、ハイブリッド仕様の最廉価モデルである「HIBRID DX」が195万円、最も高価なモデルである、「HIBRID EX」が238万円で、更に無限仕様となれば数十万円プラスとなります。

そうすると、現状ではグレイスの中古車の価格帯は新車の価格帯とほぼ一致し、2015年10月時点では、タマ数も少なく中古購入のメリットは余り無いかもしれません。しばらく時間が経てば、価格差が生じてくるでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事