ドライビングシューズは普通の靴と何が違う?どんな靴がドライブ向き?

機能性第一のレーシングシューズもあります

ドライビングシューズの中でもスポーツ走行に特化したものに「レーシングシューズ」があります。薄くて滑りにくいゴムが貼られ、素足のようにペダルの感触を伝える靴底です。

もちろんカカトの後ろまで靴底は回り込んでいます。そして足のホールド性は抜群。レーシングシューズを履いただけで、車との一体感が増したり、安心してペダル操作ができるというほどの違いがあります。

それだけに高価でもありますし、何より薄くて滑りにくい靴底はすぐにすり減るので、一般生活や仕事ユースには全く向きません。あくまで「走り」の機能性に特化した製品なのです。しかし、レースや競技会、走行会などのスポーツ走行に参加される機会があれば、是非とも容易しておきたい一品。

レーシングスーツやグローブ、ヘルメットなどと同様に、人間の体を包むものも全て、スポーツ走行のためのチューニングパーツと言えます。

「実はドライブ向き」という意外な靴は、昔は誰もが一度は履いたアレです!

最後に、カカトの形状は通常ではありますが「屋内運動用の軽めのシューズ」、具体的には「体育館シューズ」が実はドライブ向きです。

屋内運動場、特に体育館など滑りやすい床の場合が多いので、そうした場所で使うために、屋内運動用の靴は滑り止めに優れた素材の靴底を使っています。運動用の軽いシューズである事も相まって、これが意外と運転に適しているのです。

機会があれば、試してみてください。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives