ドライビングシューズは普通の靴と何が違う?どんな靴がドライブ向き?

ハイヒール

運転に適した靴

車を運転する時の靴は、皆さん様々だと思いますが、一番多いのは「その時履いていた靴」かもしれません。運転するためだけに靴を用意する人は少ないでしょう。また、土足禁止の車の場合は、裸足で運転する人もいるでしょうが、基本的には運転しやすい靴を選ぶかと思います。

素足、サンダル、スリッパの類、厚底の靴、ハイヒール、さらにブーツなどが運転に適さないことは一目瞭然。

動きやすいスニーカーやシューズ、ペダル操作がしやすい形状であれば革靴などを履かれる方が多いでしょう。


それでは、一歩進んで運転しやすい靴とはどのような靴でしょうか。

よく言われるのが滑りにくい靴という事ですが、これは愛車のペダルの表面が滑りにくいゴム製であれば、特に気にする必要はありません。スポーツタイプの金属製ペダルなどに交換している車の場合は、靴底が滑りにくいものを選択するのは正解だと思います。

また、ペダルの微妙な操作が必要な場合、特にクラッチペダルのあるマニュアルミッション車の場合は、足の裏の感覚がとても大事なので、靴底は薄いにこした事はありません。よく足にフィットしていて、中でブカブカと動かない靴を選ぶのも大事です。

そして足首の動きを阻害しない靴です。車のペダル操作は何も足首の動きが無くてもできますが、足首を動かしにくい靴ですと運転姿勢が悪くなったりするので、疲れがたまりやすくなり、最悪腰痛や肩こりもひどくなります。

あまり本格的にスポーツやジョギングをするような、衝撃をよく吸収する靴底の厚い靴よりも、近所に散歩に出かける時や、ウォーキング用の靴が意外にマッチしたりします。

ドライビングシューズはどんな靴?

ここで本題のドライビングシューズです。基本的には靴底のカカトの部分が、足の後ろ側まで回り込んでいる靴全般。

運転している時の足の位置や姿勢を思い浮かべてください。ペダルに足を載せて、床にはカカトが浮くこと無くしっかりくっつき、足の動きに合わせて、カカトを支点にしてペダルを踏んだり緩めたりしていると思います。

そうした縦の動きに加えて、右足でアクセルとペダルを踏みかえる時にカカトを支点とした「横の動き」もしている人も多いはずです。その場合、普通の踵が各ばっている靴と、踵まで靴底が回り込んでいる靴では、後者の方が間違いなく、動かしやすく、すり減りにくいのです。

そうしたドライビングに適した形状の靴が「ドライビングシューズ」ですが、走りに特化したというわけではなく、カジュアルタイプ、ビジネスタイプとさまざまな種類が販売されています。車を運転する事が多い人は、そうした数多い選択肢の中から選んだドライビングシューズを、普段から履いて差し支えないものです。

「ドライビングシューズは裸足で履く」というファッション重視の考え方もあるようですが、足首をスッキリ見せたいからといって、むき出しにしているのは感心しません。万が一の交通事故、それも正面衝突などで真っ先にケガをする場所のひとつが足なのです。せっかくドライビングシューズを履くのであれば、自分自身を守るためにも、裸足は避けることを推奨します。

次ページ機能性第一のレーシングシューズもあります

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事