8年に渡って販売されたロングセラーモデルのE51エルグランドはどんな車?前期後期モデルの違いとは?

発売期間の長かったE51エルグランドとはどんな車?

日産  エルグランド E51

E51エルグランドは2002年から2010年まで販売され、その走行性能の高さから人気が高い車種として知られています。先代のE50からホイールの6穴から5穴化、オートマの5AT化。リアブレーキのディスクへの変更、リアサスペンションのマルチリンク化など乗り心地の性能が大幅に向上したモデルです。

エンジンは縦置きV型6気筒で3.5Lと途中からは2.5Lが設定されました。この時期のミニバンにしては珍しくFRレイアウトを採用しておりトラクション性能は高いのですが、フロア高が高く乗り降りがし難いというデメリットもありました。


ライダーシリーズやハイウェイスターなど幅広いグレード展開がなされましたが、8年という長い生産期間の裏にはFFベースのE52エルグランドの開発が難航していたためとも言われています。


E51エルグランドの燃費は?

そんなE51エルグランドの燃費について見ていきます。

3.5LのFRモデルはハイオク指定となりさらに2トン級の重量と相まってメーカー的には10.15モードでリッター8.2km。2.5LのFRモデルはレギュラー仕様で10.15モードでリッター8.9km。しかしながら3.5Lの実際の燃費は街乗りで4から5km高速で10km程。レギュラー仕様の2.5Lでも街乗りで5から6kmでした。

燃費競争の激しい今では決して良いとは言えない燃費ですが8人乗れて2トンのボディだと仕方ないのかもしれませんね。

E51エルグランドの前期中期後期の違いは?

日産  エルグランド E51

E51エルグランドは大きく分けて前期・中期・後期に分けられます。

前期はリアのストップランプがテールランプと同じところが光り、グリルに横線が入っています。ヘッドライト形状が前期はハイビームとスモールの間にモールがあり二段になっています。中期はヘッドランプがプロジェクターになり、ストップランプがテールランプから独立し、LED化されリアバンパーになりました。2.5Lモデルが追加されたのも中期からです。
またグリルの横線は中期では無くなっています。

後期はというとメーターの配色がアンバー色から白色へ変更され、メーカーオプションナビはDVDからHDDナビへと近代化されました。ドアミラーウィンカーも標準となりインテリジェントキーも現在の卵型のリモコンに変更されました。そしてグリルの横線は復活します。後期だとメーカーによる対策(スライドドアの異音やスロットルバルブの対策など)も施されトラブルは前期に比べると少なくなりそうです。

E51は幅広い種類の改造が施されたモデルがあります。

メーカー直系のニスモのスポーツリセティング仕様。オーテックのライダーやハイパフォーマンススペック、ハイウェイスターの方は多いですが、世の中には更なる改造を施す方もいます。例えば、社外エアロを組み、エアサスで車高を下げ22インチホイールを前後にインストールしたりしている方も。はたまたスーパーGTのマシンのレプリカカラーになった車など様々です。

さらにはE51エルグランドでサーキットを走行する強者もいます。

エンジンは鍛造ピストンなどを組み込みHKSタービンによりターボ化。足回りはオーリンズ車高調、前後ブレンボキャリパー、機械式LSDなど走り屋もびっくりの仕様。その仕様を受け止めるボディも特注の剛性アップバーによりガチガチに固められています。

さらにはATからシーケンシャルミッションへ載せ替えと、もはやレーシングカーレベルの域に達しています。

エルグランドでサーキットを走るということが発想がなかったですがここまでやると注目度も高くおもしろそうですね!

次ページ前期後期モデルのデザイン性と走行性能を比較すると,,,?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事