GT-RのBCNR33にだけ"C"が入る理由とは?何が違ったのか?

あらためてR33GT-Rとは…

R33 Skyline GT-R

R33GT-Rとは、1993年8月の第30回東京モーターショーでプロトタイプが発表され、1995年に発売された、平成の「二代目GT-R」となります。新車発表はカスタムカーのイベントである第13回東京オートサロンだったといいますから、異例のことですね。

このR33からドイツのニュルブルクリンクでテスト・開発が行われ、プロトタイプモデルが7分59秒というラップを記録。先代BNR32より21秒のタイム短縮は「マイナス21秒のロマン」というキャッチコピーにも使われました。

エンジンは先代同様名機RB26DETTを搭載。ECUは8ビットから16ビットに進化しました。過給圧は0.75kg/cm²から約0.84kg/cm²へ上昇させ、280PS/37.5kgf·mを発揮しています。とはいえ実際には自主規制値に無理やり抑え込んでいるため、ライトチューンでも400馬力を突破してしまうようなエンジンでした。

足廻りにはブレンボ製ブレーキキャリパーを全車標準装備。車体は、R32よりも大型化され、全長で130mm、ホイールベースで105mm拡大。ボディ剛性も強化されています。

このように、R32GT-Rの弱点をつぶし、正常進化させたモデルがR33GT-Rといえるわけです。ではR32の「BNR」と、R33の「BCNR」は、何を表しているのでしょうか?

次ページなぜ「BCNR」としたのか?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事