アウディ RS3ついに日本発売開始!その実力や価格、燃費などは?

アウディRS3

無題

アウディRS3のサイズは4,345mm×1,800mm×1,440mm(全長×全幅×全高)で、日本の道路事情でさえも苦にならない大きさです。

もちろんサイズが手ごろなだけではありません。コンパクトプレミアモデル最速の本格スポーツモデルなので、走りも楽しめるでしょう。5年連続で「インターナショナルエンジン・オブ・ザ・イヤー」に輝いていることが何よりの証明です。

また、外観もしっかりとパワーアップしています。グリルやフェンダーはボリューム感があり、専用の19インチアロイホイールも装着。外観、中身。どちらともにパワーアップしているため、756万円という新車価格は決して高いと思わせないものです。

アウディRS3の走行スペック

エンジンは2.5リッター直列5気筒TFSI(直噴ターボ)です。アウディが長年研究し続け、採用している直列5気筒エンジンを、本モデルにも採用するあたり、アウディ「らしさ」を感じさせます。

スペックは最高出力367ps(270kW)/5,500~6,800rpm、最大トルク47.4kg・m(465N・m)/1,625~5,550rpmで、リッターあたり108.9kwという高性能をも意味しています。0~100km/hが4.3秒。これらの数字は圧巻の一言なのではないでしょうか。

また、ただハイスペックなだけではなく、アウディのアイデンティティでもあるフルタイムの4輪駆動システム、「クワトロ」にて駆動させるため、安定感も抜群です。高出力の車はともするとじゃじゃ馬となって扱いづらい部分も出てくるものですが、RS3に関してはこれだけのハイスペックでありつつ、安定感もあるのです。運転の上級者だけではなく、初心者であっても走る楽しさを得られるでしょう。

加えて、特別チューニングも魅力の一つ。RS3専用チューニングが施されているため、瞬時の判断で後輪に50%から100%の駆動力が送られます。常に一定のパワーなのではなく、状況に応じてパワー配分が変わるため、ドライバーにとっては常に快適かつパワフルな走りを楽しめます。

アウディRS3の燃費・維持費

アウディRS3の燃費は13.1km/Lとなっています。軽自動車やハイブリッドカーで見慣れていると、「13.1」という数字はお世辞にも低燃費とは言えない数字に感じるかもしれませんが、スペックの高さを考えたら断然低燃費です。

ただ、維持費に関してはさすがに安いとは言えません。外国産メーカーの車の維持費が高いのは、パーツや保険がどうしても高くなってしまいますので、これらに関しては決して「安い」とは言えないものになるでしょう。維持費は保持する上での必要経費のようなものです。車体価格だけで購入出来るか出来ないかを考える人がとても多いのですが、維持費も含めてトータルで考えましょう。

アウディRS3の安全装備

安全装備も抜かりないのですが、注目すべきはオプションではあるものの、専用開発されたドライブレコーダーです。

近年、オライブレコーダーへの注目度はとても高まっています。いざという時の「証拠」になりますし、「ドライブレコーダー搭載」とシールを貼っているだけでほかの車の挙動も変わってくるのですが、国産メーカーはまだまあり開発には本気を出していません。

しかしアウディは既に独自開発に着手。200万画素のHDカメラで最大録画時間は900時間。音声案内や駐車監視モードも用意していますので、どのようなシチュエーションでも力になってくれるでしょう。高級車である以上、ドライブレコーダーは必須ですが、サードパーティーではなく、アウディ純正のものであれば安心なのではないでしょうか?

アウディRS3の快適性・機能性

アウディRS3には様々な装備が用意されています。

代表的な装備は「RS brake systems」です。こちらは標準装備となっているもので、フロントの対向6プストンキャリパーがブレーィディスクを力強くホールドします。さらにはテンションフリーの状態を続けられるので高温であっても安定性があります。

ドライブセレクトもチェックポイント。オート、コンフォート、ダイナミック、インティビジュアルの4つのドライブスタイルをボタン一つで変更出来ます。走行状況、自分自身の好みや体調、気分等に合わせて様々な楽しみが待っているシステムです。

良い車には良い音で走りたいと思っている人も多いでしょう。アウディはその点も抜かりはありません。「Bang & Olufsenアドバンストサウンドシステム」を装備しているため、音響は素晴らしく、走行ノイズを感知して音量調整してくれるため、自分自身であれこれ弄る必要性さえありません。

アウディ RS3のエンジン音

こちらの動画では、スポーツカーと呼ぶにふさわしいエンジン音や、高いハンドリング性能などを見ることができます。

アウディが誇るスポーツグレードRSシリーズ。その中でも今回日本で発売が開始となったRS3は高い走行性能や快適性、居住性など多くのメリットをもった「オールマイティ」なスポーツコンパクトモデルと言えるでしょう。

都市生活にフィットする「アウディ A4」という存在
これは高い?約3000万円のアウディ R8 LMXが日本で6台限定販売

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事