WRX STi vs ケイマン…水平対向エンジン搭載車による1マイルドラッグレース!勝負の行方は?

STIとケイマンの1マイルドラッグ

1マイルドラッグレースとは、名前の通り「1マイル=1.6km」を全速力で駆け抜けるレース。馴染みのある「ゼロヨン」(0−400m)の4倍にあたる距離を走るレースです。

0−400は400mと言う短さから、加速が非常に大事な加速勝負のレース。対して、1マイルドラッグレースの場合は、静止状態からの加速に加えて中間加速の伸びも大事になってきます。当然ながら強大なパワーを受け止めるトラクションも大切。両車とも水平対向エンジンであり、似たスペックをもつ2台のスポーツモデル。果たして勝負の行方は…?

スバル WRX STi

WRX STiはご存知の通りスバルのフラッグシップとも言えるスポーツモデルで、元々はWRC参戦を目的に作られていたホモロゲーションモデル。現在もラリー車両のベースなどに使われています。

最近の戦果といえば、ニュルブルクリンク24時間レースで、2位以下を大きく引き離し堂々のクラス優勝を遂げるなど、非常に高性能なクルマです。スバル拘りの、水平対向4気筒ターボエンジンをフロントに搭載。最高出力305PSを誇り、その強烈な加速力はスバルがラリーで熟成させた高性能なAWDシステムを介して路面に伝えられます。

車重はおおよそ1500kgとなり、パワーウェイトレシオは4.91kg/ps。なお、今回のこのモデルは北米仕様のようで2500ccのエンジンが搭載されています。

ポルシェ ケイマン

ポルシェが911とは異なるアプローチで開発したのが、このケイマン。

ボクスターとシャーシを共有するライトウェイト•スポーツモデル。911といえば、RRのレイアウト上少しクセのあるスポーツカーですが、このケイマンはミッドシップにエンジンをマウントしています。走りを追求するモデルには、ミッドシップレイアウトの車も多く、フォーミュラーカーなどもそうですよね。

エンジンが車室の真後ろに来るため、重量バランスを取りやすくなるのも大きな特徴と言えるでしょう。このケイマンは、ポルシェ伝統の水平対向6気筒エンジンを搭載。2700ccの自然吸気エンジンながら、275psを発揮します。公式な0−100km/h加速は5.7秒。

ポルシェと言うと911を思い出しがちですが、ケイマンもまた非常に完成度の高いスポーツカーです。車重は1360kgとこのクラスとしては軽め。パワーウェイトレシオは4.94kg/psとWRXと勝負をするのに遜色ありません。ケイマンはミッドシップなので2WDですが、自然吸気エンジンと組み合わせることで十分なトラクションを確保します。

次ページいざ、レース開始!勝負の行方は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事