えっ、その県?!自家用車保有率がトップな県って?

日本でいちばんクルマを持っている県って?

”自動車検査登録情報協会”のデータ(2015年)によれば、単純な台数ではトヨタのお膝下である愛知県が約406万台とダントツでトップです。ちなみに、2位は埼玉県の約314万台ですから、愛知県の自動車登録台数(貨物車や乗合車(バス・タクシー)、特殊車は含まず)がどれほど多いのかが分かります。

これにそれぞれの県の人口を当てはめ、人口100人あたりの保有台数を算出したものが、[とどラン]のデータです。

どこの県がいちばん車を持っているのでしょう。ちょっと気になりますね!

もしも各都道府県が100人の町だったら

100人あたりの保有率、比較していきます!あなたの県はあるでしょうか?


第3位 栃木県 65.95台

第3位は栃木県!日光いろは坂や、霧降高原道路など、走りスポットも多い県。日光東照宮などの有名観光地もあります。

人口比で見ると、約3人に2人が持っていることになります。自動車に乗らない、子供や高齢者も含まれていますのでこれはかなりスゴイです。

第2位 栃木県 66.05台

第2位は茨城県!走り屋視点から見れば、筑波山のパープルラインが有名な県。袋田の滝でも有名です。ドライブしに行きたいです。

第1位 群馬県 68.39台

第1位は群馬県!イニシャルDの舞台にもなっている群馬県は、ワインディングも豊富です。

まあ、峠道=保有台数なんてことはないと思いますが、さすがのグンマー。ひとつの家族に1台、なんてことは絶対になさそうですよね。

ここにあるドライブしに行きたい滝としては、なんといっても吹割の滝でしょう。見ていて圧巻です。

北関東、強すぎますね!ここにいったら、沢山の種類のクルマと日常的に出会えそうです。

ワースト1位 東京都 23.46台

想像できた方、いらっしゃるのでは無いでしょうか?流石の首都東京、公共交通の発達と、駐車場事情が大きく関係してそうです。それにしても、もう少し持っていても良い気がします。

因みにワースト2位は大阪、3位は神奈川。都市部ほど車を持っていない人が増える傾向は事実のようです。逆にタクシーが発達しているのも都市ですよね。

もしも各都道府県が100世帯だったら

今度は一家に何台あるのか調査していきます!北関東がここでも強いのでしょうか?

こちらは、[自動車検査登録情報協会]の発表しているデータ(2015年3月末)をもとに算出しています。

第3位 山形県 167.8台

人口で比較した保有台数ランキングで上位となった北関東3県を差し置いて山形県が3位です。

都道府県別の保有台数では、約68.5万台です。

第2位 富山県 171.2台

第2位は富山県!北陸がきました。

雪が大変そうですね!冬になるといったい何メートル積もるのでしょうか。

第1位 福井県 175.2台

第1位に輝いたのは、福井県!北陸がまたもやランクイン。

ちなみに全国平均は100世帯あたり約106台です。

実はこの福井県、持ち家率が高く、全国ランキングの3位にランクインしています。(1位秋田)さらに、家の敷地面積も全国的に見たら広い地方。もしかしたら、こういった背景もあってランクインしたのかもしれませんね。

ワースト1位 東京都 45.6台

ワーストは安定の東京。2世帯に1台もありません。

意外と多いと見るか、意外と少ないと見るかは人それぞれですね。

ちなみに2番目に少ないのは大阪。ちょっと意外な気もします。公共交通の発達具合を考慮すると、もしかしたら妥当なのかもしれませんね。

いかがでしたか?

年中、渋滞しているイメージの東京や大阪ですが、世帯別で見るとかなり少ないのですね。


この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事