【2015年12月4日公開】映画「007 スペクター」に登場する車種は?過去作品にはトヨタ 2000GTやBMW Z8の姿も?

アストンマーティン V8

現行モデルの流麗な感じとは違い、アメリカンマッスルな雰囲気のアストンマーティンV8です。劇中では車体左右からスキー板が飛び出て雪道で活躍します。他にもフォグランプからはミサイルを発射したり、後部からブースターを噴射してジャンプをしたりと、様々な仕掛けが施されていました。

【登場作品】
007 リビング・デイライツ(1987年)

BMW Z3

他のボンドカーと比べると随分身近な感じのボンドカーですが、劇中ではやはり様々な機能が搭載されていました。全方向レーダーをはじめ、自爆装置、ヘッドライト裏のスティンガーミサイル、制動用パラシュートなどを装備しています。

【登場作品】
007 ゴールデンアイ(1995年)

BMW Z8

今となってはかなりの希少車で中古相場もかなりの金額のZ8。5,700台余りしか生産されず、1代限りで終わってしまったモデルです。劇中では、ヘリコプターカッターにより真っ二つに切断されてしまいました。

【登場作品】
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999年)

アストンマーティン V12ヴァンキッシュ

当時のアストンマーティンのフラグシップモデル。カムフラージュ用光学迷彩装置や自動追尾散弾砲、熱センサーや出し入れ式スパイクタイヤなどを搭載し、氷上でのカーチェイスで活躍しました。

【登場作品】
007 ダイ・アナザー・デイ(2002年)

アストンマーティン DBS

6作目の「女王陛下の007」と22~23作目の「007 カジノ・ロワイヤル」「007 慰めの報酬」に登場しました。6作目は1967~ 1972年販売モデルが使用され、22~23作目は時を経て2007~2012年販売モデルが使用されています。近年のボンドカーの中では最も人気が高いようです。

【登場作品】
女王陛下の007(1969年)
007 カジノ・ロワイヤル(2006年)
007 慰めの報酬(2008年)

以上、新旧ボンドカーをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。ちなみに全作品でボンドカーは28車種が登場し、そのうちの17車種がイギリス車、更にそのうちの15車種がアストンマーティンとなっています。最新作「スペクター」、今から非常に楽しみです。公開されたら私もすぐに劇場へ観に行きたいと思います。

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives