「人気車」が「旧車」になるのはどのタイミングなのか?

10年は「ひと昔」ではない?

10年ひと昔、とよく言いますが、クルマは10年で旧車になってしまうのでしょうか。旧車の概念はそれぞれだと思います。しかしひとつのポイントとしては維持管理に支障が出始めるタイミングと考えてもいいように思います。いわゆるディーラー整備だけでは十全にそのクルマを維持できないというタイミング。

ディーラーは基本的にメーカーから部品供給があれば整備をしてくれます。ま、そうでなくてもやってくれることもありますが、基本的に純正部品での整備になります。それは行った整備に対する保証の問題もあるため、それはそうです、社外品やマニュアルにない勝手な整備はきわめてしにくくなります。

逆に、メーカーから部品が出てこず、どうしてもオリジナルの整備をしなくてはならなくなる、そのタイミングがいつになるのか、というのがひとつの大きなターニングポイントとなるはずです。

10年くらいで部品が枯渇することは、今の自動車業界では滅多にないことと思っていただいていいです。これには決まりごとがあって、製造中止から10年は部品を供給できる体制を取るということがルールになっています。※7年という情報もありますが、それは家電系です

個人的な経験から申し上げますが、平成7年式トヨタMR2のSW20型のリアマフラーとオキシジェーンセンサーは、平成23年当時メーカー欠品でしたが、ディーラーからのオーダーにより「作って」いただいて、供給を受けました。当時SW20型は生産終了から10年以上が経過していました。

「これはもう旧車の領域だなあ」と思いながらオーダーをかけた記憶があります。

次ページ目に見えない敵とも相対する?!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事