周知の事実?本当は速くならないチューニング7選

番外編:ロールバー

7つの事例を上げましたが、どれもドレスアップ、という色合いが強いものが多いですね。速くなるカスタムではありませんが、愛車への愛着が増す、という考え方もできますし、クルマ好きには大事な楽しみのひとつだと思います。

少し余談になりますが、筆者が大学生の頃、クルマを持っていた友人が、ある日得意げにやってきました。なんとロールバーが入ってるじゃないですか。「おお、凄いね!」なんて話しながらよく見ると、どうにもロールバーの様子がおかしい。白いし、なにやらプラスチックっぽい…。

「これ、プラスチックじゃないよね?」と尋ねると、「そう!走るには見栄だって必要なんだよ!」と力説する友人。これには本当にずっこけました。しかもダミーとはいえ、リアシートまで占有してしまっており、後部座席に乗る際には「ロールバーが外れないように、気を付けて乗ってくれ!」と。本末転倒というか…。でもなんだか楽しかったですね。 

カスタマイズの楽しみ方は人それぞれ。どうか皆さんも、楽しいカーライフを!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives